夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【民主党】菅制不況始まる!第一弾は消費税議論からだ。

2010.06.07 (Mon)
消費税議論すべきだ…玄葉政調会長会見
 
 政調会長が閣僚を兼務する意味は、最終的に政調会長である私が、閣議で承認するということだ。これはイコール民主党としても政策に賛成することで、閣僚としての立場は政策調整担当大臣みたいな役割だ。

 マニフェストは一言で言えば、地に足がついた実効性のあるものに修正しないといけない。参院選はある意味、中間評価なので、見直しのチャンスだ。例えば、子ども手当の問題は財源に配慮しながら、現金だけがいいのか、一部現物、サービス給付がいいのかなどの検討も含めて最終的に調整していきたい。民主党政権の下で財政が持続的であることをマーケットに示していく。そういう意味では次の総選挙後には消費税を含めた税制の抜本改革を行うということを、参院選の公約に書かないといけない。次の総選挙まで消費税を上げないというのは(昨年の衆院選の)第一の約束だったが、制度設計は大事だと思っていて、タブー視せずに議論すべきだと思う。

 来年度政府予算での国債発行を44・3兆円程度に抑えるかどうかは、大変な国債発行額だという認識だが、景気の問題などから一定の財政規模を確保せざるを得ないことを考えると、いい数字じゃないかと考えている。

(2010年6月7日22時13分 読売新聞)


 今回の「菅政権」の柱は、「松下政経塾」による改革路線と見たのだが、諸兄はどのように感じられただろうか?小沢氏に代わる枝野氏。政調会長の復活では玄葉氏。菅総理阻止を目論んでぶつかっていったドンキホーテ役を樽床氏。それが今回は国会対策委員長だ。敵対したどころか、ヒール役を演じ、民主党は健全な政党だということを盛り上げたことで、与えられた役職と見た。
これら全て「松下政経塾」生徒たちだ。さぞかし、松下幸之助翁も喜んでおられることだろう。

 しかしだ、この消費税論議は頂けない。そもそも消費税は、天下の大悪法(税制)だと思う。事実、消費税が導入されてから一度も税収が導入時の税収を超えたことがない。つまり、消費税が導入されて消費不況を作り、消費のディスカウント化(売れているモノが安物ばかり)と、消費者泣かせだったという結論が見える。

 ただし、一度だけ、税収が上がったときがある。それは、小泉内閣の時の神武景気を超えた景気回復の時だ。別名「ITバブル」などと命名した人もいるが、景気が良くなることで税収が上がることを、以下のグラフは示している。

 

 消費税引き上げに反対している政党(社民・国民新・共産)もある。ただ、これは消費税だけであって、増税には賛成の人たちだ。

 消費税上げに反対=社民・福島氏           
  (時事通信 2010/05/14-11:05)

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は14日午前の閣議後の記者会見で、民主党が夏の参院選のマニフェスト(政権公約)で消費税率を引き上げる方針の明記を決めたことについて、「社民党は引き上げに反対だ。財政が逼迫(ひっぱく)しているのは理解しているが、(財政再建は)他の税制でやるべきだ」と述べた。

 福島氏と社民党の持論は、「金持ち虐め」をモットーとしているようだ。つまり、累進税率を引き上げることを目論んでいるのだ。この方及びこの方の属する政党には、是非とも英国病を治癒させたサッチャリズムを勉強していただきたい。
サッチャー女史はこう仰った。
お金持ちを貧乏にしても、貧乏な人はお金持ちになりません
」と。

 社民党との連立解消は、本当に民主党にとっては、貧乏神と訣別するくらいに画期的なことだった。もし、連立復活となったら、民主党は解党の憂き目か、日本国は中国の属国に陥るかもしれない。その意味で、社民党は貧乏神どころか強烈な祟り神かもしれない。

あぁ、くわばら、くわばら。

クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ


関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。