夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党代表選、管氏で日本はどうなる?!

2010.06.03 (Thu)
【民主党代表選】菅氏が立候補を正式表明2010.6.3 19:24

民主党の菅直人副総理・財務相は3日夜、党本部で記者会見し、党代表選について「日本の再生というたいまつを鳩山由紀夫首相から引き継ぎ、実行につなげるため出馬したい」と述べ、正式に立候補を表明した。同時に「これぞ本来の民主党と言える民主党をつくらなければならない」と党再生にも意欲をみせた。【産経新聞】


【民主党代表選】樽床出馬会見 「世代交代の流れをつくる」
2010.6.3 20:12

 民主党の樽床(たるとこ)伸二衆院環境委員長(50)は3日、民主党本部で代表選出馬会見を行い、「世代交代の流れをこれからつくり出していきたい」と述べ、菅直人副総理・財務相との違いを強調した。【産経新聞】



 TV報道を見ていると、明らかに菅直人副総理を代表に選んでいこうという路線だ。これでは、余りにも国民をバカにしていないか?そもそも、鳩山首相が辞任した理由は、「普天間基地移設問題」と「社民党連立離脱」、そして「政治とカネ問題」だった。
 こうした所にメスを入れ、解決するのは当然だが、民主党そのものが抱えている問題は、もっと深刻な問題で、未来ビジョンの不足だ。この日本の国をどう引っ張っていくのかが見えない。例えば、財政再建させながら景気回復と福祉の両立、国民・国家を安全に守っていけるのか、こうしたところが明確に党内で議論されない。否、議論させないのだ。景気回復を言いながら、景気悪化させる法案を提出するのだ。要するに、経営者泣かせ。具体的に言えば、鳩山首相はかつて勝手なCO2削減発言をやった。それを受けて、製造業泣かせの法案を提出し、強行採決させ、可決までした。これなどは製造業の利益を半減させるようなものであり、本来、廃案すべきものだ。何も考えてない軍隊蟻のような政党だから、号令一家、「右向け右」でなんでもするんだろう。
 更には、財政再建をやるなら、郵政民営化もしなければならないのは当然だ。郵政の職員だけで1兆円、財投復活で1兆円の国民負担だ。民営化なら5000億もの利益が出る。国民新党を切ってでも郵政民営化をやらなければ、国民の生活重視は空念仏になると言えよう。景気回復だってそうだ。副総理は、増税論者だ。増税して景気回復なんてあり得ない。不景気の底割れとなる。財務相もされておられたが、日銀擁護の政策を実施されていたところをみると、金融緩和にも手をつけないだろう。要するに、経済音痴。こんな人がなったら、日本は鳩山首相以上に日本経済は危機的状況になるだろう。

 ましてや、「普天間基地移設問題」で何らかの打開策を上申することなく、成り行きを見守るというような無責任な立場を取ったのがこの菅副総理だ。実に卑怯だ。棚ぼたを狙っていたと言われても仕方ないだろう。この副総理という方は、「アメリカの核よりも中国の核の下に」と言って憚らない人だ。真剣に日本の国防なんて全く考えたこともないのではないか?こんな菅副総理を「首相にさせてもいい」と党内で支持が出るなんて言うことは、民主党内には、対立軸はなく、中国に国を売る人たちの集まりなのではないか?

 その点では、先日のブログの言説を翻し、前原国交相には幻滅した。自ら民主党の窮地、それ以上に日本の国難を理解していないということだからだ。要するに、国士ではないということだ。松下幸之助先生が知ったら、悔しさの余り、鉄の火鉢をへし折ってしまうかもしれない(知る人ぞ知る話)。
 
 要は、民主党政治の失敗を鳩山首相、小沢幹事長だけの個人問題にすり替え、閣僚達には何も問題がないということで一致させて生き残りをかけているのが今の民主党だ。そこにあるのは、トカゲの尻尾切りならぬ、クビのすげ替えで全てが収まるような「トップ追い落としカルチャー」であり、立場を逆にすれば「上意下達型」、即ち「特権階級政治」ではないか?そこには民主主義の原点である言論の自由はなく、個人意見を言わせない「言論封殺のカルチャー」があるということだ。それは、社会主義国家そのものである。そんなところの代表をされていた方が首相をするというのだから、日本国は安楽死から御陀仏へ向けてのカウントダウンが始まろうとしている。一日も早く民主党政治を解体させるべく、保守政治の結集が望まれる。

クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
あれ、本当ですね。ご指摘ありがとうございました。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。