夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林議員の議員辞職で、鳩山首相、小沢幹事長の辞職にも転嫁!

2010.05.23 (Sun)
民主・小林千代美氏、北教組事件で議員辞職へ 首相、小沢氏の問題再燃も
2010.5.20 10:53

北海道教職員組合(北教組)による民主党の小林千代美衆院議員=北海道5区=陣営への不正資金提供事件をめぐり、小林氏が国会閉会後の6月中に議員辞職する方向で検討していることが分かった。複数の民主党関係者が20日、明らかにした。

 陣営に資金を提供し、政治資金規正法違反罪に問われた北教組委員長代理、長田秀樹被告が、19日の札幌地裁での初公判で起訴内容を認めたことから、小林氏は「自らの政治責任は重い」と判断したようだ。長田被告への地裁判決は6月中に出るとみられている。

 今国会の会期末は6月16日。小林氏が国会閉会後に議員辞職すれば、公選法の規定により衆院北海道5区の補欠選挙は10月24日となる。小林氏が議員辞職すれば
、「政治とカネ」の問題を抱える鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長の責任論が再燃する可能性がある。
【産経新聞】


 昨日、「普天間基地の移設問題」で、日米両政府が大筋で合意した。この期に及んでやっと、鳩山首相の英断により、本来の「あるべき姿」に戻った。「最低でも県外」との公約を反古にした首相だが、私はよくぞ国内、沖縄で決断したと思う。沖縄県民の間では「自作自演の世論に踊らされていただけ。予想通りの結果」と嘲笑の声が広がったと産経新聞は伝えるが、流石に、保守系の政治家ならば誰もがこの件について、誤った結論だとは言わないだろう。 
 
 ただ、鳩山首相の無責任発言で、半年余りに渡り、反米、反基地闘争グループが大義名分を得て活気づけたことは事実だ。4月25日にあった主催者側発表9万人(実質1万数千名)の県民大会も、国内や海外(特に中国系)の活動家や反米イデオロギー闘争を展開しているグループを沖縄に集結させた。それを左翼のメディアは「県民の総意」だと伝えた。特に、朝日系や毎日系のメディアの扇動に、世論は現行案反対へと導かれ、沖縄県民そのものも振り回されたのではなかったか?鳩山首相は沖縄県民にドエライ迷惑を掛けたことは事実だし、今後の進退を問われて然るべきだろう。

 この流れを受けて、是非とも鳩山首相に提案したいことがある。民主党としての起死回生の一手だ。それは、「政治とカネ」の問題も「あるべき姿」へと糺すことだ。本日、小林議員の議員辞職という形で、北海道教職員組合の「政治とカネ」の問題も決着を見せてきた。しかし、このままトカゲの尻尾切りだけでは済まされまい。この余波は、必ず、小林議員と同罪の石川議員、鉢呂議員も議員辞職へと追い込まれるだろう。それが突破口となって、党内で沈静化していた小沢氏の引責問題へと繋がっていくことになる。そこで、鳩山首相は英断をし、いずれ強制起訴となる小沢氏を「幹事長解任」させ、できれば「議員辞職」に追い込むことだ。そうすれば、地に落ちた鳩山首相の名誉も回復され、民主党自体も見直され、支持率もUPすること請け合いだ。
 
 これをやれるか否か、今後のマスコミの報道姿勢に掛かっている。小沢幹事長と鳩山首相を追い込めず、小林議員だけの議員辞職だけで終わったとするならば、マスコミの隠蔽体質や民主党との結託を証拠づけることとなるだろう。われわれ国民は、マスコミのどこが報道し、どこが擁護したのか。これをしっかりと見極める必要がある。日本人の多くは、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という体質があるから、今、この時期を逃さず、TV局も含めて、どの社の誰がどのような言論を展開したかまで、よく見聞しておく必要がある。特に、NHKがメディアとしての公平性を守っているかどうかを監視する必要がある。これが公平性に欠けるとなれば、NHKの「公共料金制度」を止めさせ、民放化させるいい機会となると思うのだ。

 昨年の衆院選において、国民を正しく導けなかった結果が、現在の民主党の迷走へと繋がっている。その点でマスコミ各社は、互いに切磋琢磨し、鳩山民主党を追い込み、議員辞職させるべき者はそうさせ、クリーンでクリアな政治へと導く責任がある。参議院選まで残すところ50日を切った今、マスコミ諸氏の中で、どの社の誰がミネルバのフクロウとなるか、はたまた永田町の不思議な鳥の仲間となるか、これもまたいい見物となった。

クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ


関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。