夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤松農相、「誠心誠意」の言葉が空虚に響く・・・

2010.05.21 (Fri)
【口蹄疫】問題の本質を見誤った鳩山政権 【産経新聞】 2010.5.20 00:40

 32万頭以上の殺処分が決まった宮崎県口蹄(こうてい)疫被害は、政府の危機意識の薄さを改めて浮き彫りにした。先月20日の感染発覚後に政府が迅速に対応すれば農家の被害も、地元関係者の労苦も、国の財政支出も、比較にならないほどわずかで済んだ可能性が大きい

 畜産農家の支援策として殺処分への補填だけでなく、「経営再開支援金」や見舞金などの交付金も加わった。財政支出は300億~400億円に膨らむ見通しだ。

 どうやら政府は、対策の力点を畜産農家への「補償」ばかりに置き、地元が切望していた防疫対策を軽視していたようだ。

 防疫対策の重要性に気づいたのは、16日の平野博文官房長官の宮崎県入りがきっかけだった。同日夕、平野氏は首相公邸に飛び込み、首相に被害実態を報告。政府が全省庁を挙げて本格的に動き出したのはここからだった。

 それでも政府・与党ではその後も補償問題ばかりが取りざたされた。17日、首相が赤松氏を首相官邸に呼んだ際には「首相が予備費1千億円の支出を約束した」との情報が飛び交い、政府は火消しに躍起となった。埋設処分場不足などの地元の緊急課題は、農水省だけでなく、厚生労働、防衛、総務の各省や警察庁などを通じ、首相官邸に報告されていたはずだが、顧みられることはなかった。

 九州南部選出の自民党議員はこう指摘する。初期段階で迅速に対策を打ち出せば、被害拡大を抑えられたばかりか、財政支出も抑えられたはずだ。

 一方、被害が急拡大する中、キューバなどで外遊を続けていた赤松氏は19日も「具体的に(私の)どこが間違っていたのか教えてほしい」開き直り、自己正当化を続けた

 赤松氏は18日の参院予算委員会で、殺処分対象の牛や豚を埋める土地について「十分用意されている」と明言した。ところが、宮崎県東国原英夫知事は同日の記者会見で「絶対的に足りない」と訴えており、政府と県の意思疎通が欠如しているのは明らかだ。

 自民党の浜田靖一国対副委員長は19日の記者会見で「4月30日に赤松氏に『対応策を練るために海外出張を取りやめたらどうか』と申し入れたが、振り切って海外に行った」と暴露。破茂政調会長は「『責任がない』とは政府の人間が言うことではない。非常に見苦しい」と批判しており、この問題は今後も国会審議を揺さぶることになりそうだ産経新聞】



 宮崎県での口蹄疫被害を受けて、自民党は、赤松農相の不信任決議案を提出するようだが、赤松農相は「辞任する意思はない」と強調している。まったく呆れるばかりの強心臓だ。

 また、20日の記者会見で、同じ与党の社民党、重野幹事長から「初動対応に不十分さがあったら所轄大臣だから責任は取らなければならない」と赤松氏の対応を批判されている。ところが、身内からも批判されても、「政府一丸となって対策を適切に講じていきたい」と言っている。

 赤松氏は、「責任」という言葉を勘違いされているのではないか?自らの判断と対応の不適切さがもたらした300億~400億円に及ぶと言われている被害総額。全て国民の税金である。初動期に対処しておれば、その被害は1/10以下で済んでいた。このような事態に対して、口蹄疫が一段落するまで辞任することなく、職務を全うしなければならない。そして、区切りがついたならば、政治家として自らが犯した罪と判断力の無さを実感し、自ら恥じ入って、出処進退を決
め、辞任ではなく、議員辞職 してこそ、政治家としての責任を全うしたと言えよう。今後の赤松氏の対応が楽しみである。

 ただ、この民主党という党は、首相も母親からの政治献金疑惑と名義借りで、「平成の脱税王」と言われながらも、辞任も議員辞職もしなかった。
 小沢幹事長もその元秘書の石川議員も、政治資金規制法違反事件で、相当に批判を受けても開き直り、「立件されなければいい」「バレなきゃいいではないか!」と、これもまた開き直って議員を続けている。民主党のトップもNO.2も同罪なのだから、赤松氏だけ追い込むことはできないだろう。

 以上のことから、民主党は、自民党以上に権力志向で、破廉恥極まりない政治家たちの集まりであることを露見させている事件であろう。
 
 さて今日、参議院選挙が7月11日の投票日で決定した。
 「口蹄疫」問題や「普天間基地移設」問題、「子供手当支給」問題、等々、枚挙にいとまがないくらいに無駄な支出を続ける民主党。事業仕分けでちまちまと数億円ずつ無駄を排除しながら、赤松農相一人で300億~400億もの無駄な財政支出を作っていくのでは、 国民の立場からすれば、それこそ「7月11日の投票日に民主党そのものを事業仕分け」してしまった方がいいと思っているのではないだろうか?!

クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

仕分けしてしまおう!
よし、今度の参院選で鳩山、小沢、赤松、そして民主党そのものを仕分けしてしまおう!
Re: 仕分けしてしまおう!
是非、お願いします。私も一緒に、民主党の仕分けができるよう、参議院選挙、頑張ります。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。