夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【首相辞任】遅すぎた辞任劇、参院選への布石か?

2010.06.02 (Wed)


【首相辞任】「決して間違っていなかった」「私も退きます。幹事長も退いてほしい」
2010.6.2 11:42

「国民の皆さん、本当にありがとうございました」。2日午前、突然の辞任表明の場となった民主党の両院議員総会で、鳩山由紀夫首相は開口いちばんこう語った。

「決して間違っていなかった」。首相就任以来の8カ月を振り返り、力強くそう語ると、「普天間」と自らの「政治とカネ」の問題という辞任を決意した2つの理由を述べた

 「自ら『政治とカネ』の問題があった小沢一郎幹事長に『私も退きます。幹事長も退いてほしい』と伝えた」「(陣営の選挙違反があった)小林千代美議員にも責めを負っていただきたい」。厳しい表情でこう述べた後、「クリーンな民主党に戻ろうではありませんか」と呼びかけると、会場から拍手がわいたが、力強い拍手とはいえなかった。

【首相辞任】退陣表明後、小沢幹事長とがっちり握手
2010.6.2 10:52

首相辞任 
「やりやがったなこの野郎!」と語
りたい小沢幹事長と窮鼠猫を噛んだ鳩山首相。



 かねてより申し上げていた通りの【民主党による国難】の第一幕、「小鳩内閣編」が終演した。次の第二幕は、もうほぼ国民にも察しのつく通りの「菅内閣編」だ。第三幕は、岡田か仙石、その次くらいに前原で終幕だろう。終幕の理由は、残り三年の任期が尽きるということだ。結局は、支持率と睨めっこをしながら、20%近くになったら降りる準備をし、10%台に落ち、マスコミが退陣を要求してきたら、降りるという算段だ。まったくもって国民不在の政治主導という名の官僚政治が続く。何も代わらない。自民党の時よりももっと官僚組織が復活し、強固になり、悪法が強行採決でまかり通り、公務員天国、国民地獄の世の中が続く。

 だから、幸福実現党は言い続けているのだ、「民主党政権が続けば国難が続きますよ」と。「国民の皆さんの生活、財産、生命が危ぶまれますよ」と。良識ある人たちは、現実に目を向けて欲しい。民主党のようなお遊技会政治(政治ごっこ)が続けば、日本の政治は取り返しがつかない状態になるという事実を。この3年後に来る政党、政治家はたまっったもんじゃない。自民党と民主党の負の遺産を背負ったまま、国民に相対峙し、事実を明らかにする課程で国民の怒りを一身に受け、傷だらけの日本という国を建て直さなければならなくなるからだ。

 その建て直しに要する作業を一日も早く取り掛からなければいけない。そうしなければ中国の覇権主義に飲み込まれてしまうからだ。チベットやウィグル、内モンゴルの状態になってからでは遅いのだ。そのためにも、残り3年間もの間を、民主党による首相のクビのすげ替え順送り内閣におつきあいしている暇はない。そう言うときっと民主党の政治家たちは言うだろう。「自民党の人たちもやってきたことではないか。僕たちにもやらせて欲しい。せっかく国民から信任を受けたのだから、しっかりと責務を全うさせて頂きたい」と。
 
 絶対に、第二幕、第三幕を許してはならない。今まで以上に良くなる可能性はないからだ。それ以上に、経済は悪くなること請け合いだ。民主党の中では藤井前財務大臣以上に経済通、財政通の人はいない。ましてや、組合上がりの政治家に経済とか市場とかが分かるはずもない。本気で建て直す気があるなら一気に前原氏に持って行くべきではないか?!しかし、それは高速道路無料化で見せたように、小沢幹事長が院政を引く以上、前原首相待望論は最後のギリギリまでないだろう。

 では、国民としてはどうしたらいいのか?次の一手はこれだ!

【首相辞任】自民・大島幹事長が「衆院解散を」
2010.6.2 10:57
 自民党の大島理森幹事長は2日午前、鳩山由紀夫首相の辞任表明を受け、「当然、衆院解散・総選挙をすべきだ。辞めたからといって米軍普天間飛行場移設問題などが解決するわけではない」と述べ、解散するよう促した。


 大島幹事長の仰る通りで、国民の意思は、「小鳩政権」に預けたのであって、第二幕の管氏や第三幕、第四幕と続くことを望んではいない。もう一度、「国民に信を問う」かたちでの「衆議院解散・総選挙」を実施するのが筋であろう。



クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ


関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。