夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミは何故、赤松農相を辞任させないのか?

2010.05.19 (Wed)
【口蹄疫】農水相「初動の遅れない」 2010.5.18 22:52 【産経新聞】

 赤松広隆農林水産相は同日の閣議後会見で、初動が遅れたとか、やるべきことをやらなかったということは私はないと思っていると述べ、対応の遅れを否定した。殺処分頭数が拡大しつつあった4月末に農水相は外遊。現地入りが遅れて今月10日になったことなど、対応の遅れが指摘されていた。


【口蹄疫】「赤松農水相らの対応は見苦しい」 自民・石破氏  2010.5.19 12:24 【産経新聞】

 自民党の
石破茂政調会長は19日午前の記者会見で、家畜伝染病口蹄(こうてい)疫宮崎県で拡大している問題で、赤松広隆
農林水産相らが政府の対応の遅れを否定していることについて「結果責任なので、『責任がない』とは政府の人間が言うことではない。非常に見苦しい」と批判した。


  【口蹄疫】赤松農水相の対応問題なし 外遊などで官房副長官 【産経新聞】2010.5.19 12:13

 松野頼久官房副長官は19日午前の記者会見で、宮崎県家畜伝染病口蹄(こうてい)疫が拡大している問題への政府の対応について、「政府としては万全の態勢を敷いているという認識だ」と述べ、今月の大型連休中に赤松広隆農林水産相が外遊していたことなどは問題ないとの認識を示した。

 鳩山由紀夫首相は18日、記者団から政府対応に問題がなかったかを問われ、「それなりの一定の部分はあると思う」と述べ、一部に問題があると認めていた



 口蹄疫の被害が報告されていた4月20日の時点では、数千頭の被害であった。その時点ですぐさまに、赤松農相が現地に赴き、打つべき手(ワクチンの使用、殺処分)を打っておれば、ここまでの被害はなかったはずだ。それをせずに、中米に外遊して遊んでいた。そのくせ、「初動が遅れたとか、やるべきことをやらなかったということは私はないと思っている」と言う始末だ。赤松農相よ、あなたがどう思うかは個人の勝手だが、政府の立場としては、言うべきことではない。本気で国民の痛みを感じているのか?閣僚としての資質を疑いたくなる。

 農家の方は、手塩に掛けて育てた牛や豚を、一斉に処分されてしまうというのだから、農家の立場に立って考えたなら、現場では、酪農、畜産への意欲を失せてしまうほどのショックと被害が広がっているのだ。 そこを東国原知事は訴えているのに、TVのコメンテーターのお馬鹿が「知事はそこまで怒ってはいけない」というようなことを言っていた。全く愚か者だ!

 加えて、首相は、政府対応に問題があったと一部認めているにも関わらず、赤松農相は反省の色さえない。その点を石破自民党政調会長は、政府の立場として「責任はない」ということは言えないと指摘しておられるではないか。 ここまで内外から言われている赤松農相には、政治家としての存在事由すらないと言える。さっさと辞表を書くべきだ!

 他党から責任問題を問われ、内からも、それも総理大臣が「責任有り」と言っているのだから、「赤松農相は、即刻、農相を辞職すべし!」と内からも声が出てしかるべきところだ。それが自浄作用のある政党と言えよう。しかし、首相以外に民主党の誰からも批判されず、「万全の体制を敷いている」と副官房長官からフォローされ、責任逃れをしている赤松。まさに、お粗末だ!ここまで「美しきかばい合い」をしている無責任政党は、戦後初めてではないだろうか? 同じ国民として次の参議院では、もう民主党政権に終止符を打たなくてはなるまい。

 それ以上に問題なのは、責任の所在が赤松農相にあることが明確であるにも関わらず、マスコミが「赤松農相は辞任せよ!」と言わないことだ。全くそのそぶりさえない。不倫殺人事件や保険金殺人事件、こんな私的な事件よりも、政府の犯罪の方が被害が甚大ではないのか?マスコミは本当に公平性を持って報道をしているのか?放送法違反の懲罰ものだ
 この件について言えば、マスコミとの共同謀議ではないのか?これがかつての自民党だったなら、農相を追い回し、必ず、辞任に追い込んでいったはずである。ここまで、民主党を庇いまくるマスコミも同罪とみてよいのではないか?

 東国原知事は、政府とマスコミにもっと噛みついてもいい。何故なら、県民の代表なのだから、「マスコミは犯罪幇助じゃないか!マスコミも一緒に訴えてやる」と言えばいいんじゃないかな?東国原知事、頑張れ!

クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんな大臣の下で働くのはもうウンザリ!
赤松大臣は、元社会党書記長で、父親も元社会党副委員長、すなわち「ボンボン左翼」ですから。
加えて、「外国人参政権は僕のライフワーク」なんて言う御仁です。
まあ、このお方はよほどカストロに会いたかったのでしょう。
僕は農林水産省の職員(と言っても出先勤め)ですが、こんな大臣の下で働くのはもうウンザリです!
Re: こんな大臣の下で働くのはもうウンザリ!
コーム君、本当にお疲れ様です。偉い大臣が農水大臣になったものです。ご心中ご察し申し上げます。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。