夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

護憲とは名ばかりの朝日新聞、ご都合主義が過ぎて、言論封殺、言論弾圧始まる!!

2014.09.03 (Wed)
池上彰氏、朝日新聞での連載中止を申し入れ 慰安婦「検証」批判、掲載を拒否され(☜クリック)産経ニュースより2014.9.2
 
池上彰氏

 ジャーナリストの池上彰氏(64)が、朝日新聞から原稿掲載を拒否されたことで、連載中止を申し入れた。
 池上氏によると、連載中止を申し入れたのは、『新聞ななめ読み』で、ニュースを隠し読み比べ、その内容を自由に論評する内容のモノ。掲載予定だった8月29日分は、朝日の慰安婦報道検証や、それを受けた他紙の反応を論評する予定だった。掲載数日前に原稿を送ったところ、28日に担当者から「これでは掲載できない」と連絡があったという。

 これまでも同連載は、『朝日の記事は分かりにくい』、『天声人語は時事ネタへの反応が鈍い』などの批評を掲載しており、今回は異常な反応だという。池上氏は、「これまで『朝日の批判でも何でも自由に書いていい』と言われていたが、掲載を拒否され、信頼関係が崩れたと感じた」と説明している。

  8月5、6日に朝日新聞が掲載した慰安婦報道検証記事は、報道機関としての「ねつ造」を素直に認めたが、「朝日新聞も騙されたうちの被害者」的な記事を書いて、32年間にわたって多大なる迷惑を掛けた国民や日本国全体に対しての謝罪が一言もないことがこれまで問題視されてきた。

 朝日新聞は、他人様の間違いや事件は過剰にあげつらい、こき下ろす記事(特に政府系記事や歴史問題)にしておいて、自らの成した犯罪的行為は棚上げし、「頬被り」をして、「だんまり」を決め込む「ご都合主義」と言っても過言でない朝日新聞の記事編集のあり方に対して疑問を感じる人が少なからずいた。橋下大阪市長がこの朝日新聞による「従軍慰安婦ねつ造事件」を見事に、以下の会見で断罪している。



 今回、池上氏の「謝罪すべきだ」との言論を封殺していたことが明らかになったことで、今後、朝日新聞の報道機関のみならず、言論機関としての良識が問われる事件であり、日本に「ねつ造報道、言論弾圧を行う民主主義の敵、ニセ護憲派の朝日新聞が必要なのか?」が問われる一件である。

朝日新聞の正義―対論 戦後日本を惑わしたメディアの責任 (小学館文庫)

新品価格
¥535から
(2014/9/3 14:43時点)



 元朝日少年だった漫画家・小林よしのり氏と歴史家・いざわ元彦氏による朝日新聞の問題点を大激論!

WiLL(ウィル)2014年10月号

中古価格
¥1,097から
(2014/9/3 14:47時点)



 今こそ、明かし、断罪すべき「朝日新聞」の虚報とねつ造の報道姿勢!「WiLL最新号」

正論2014年09月号

新品価格
¥780から
(2014/9/3 14:50時点)



 朝日新聞、大炎上!追求が厳しくならないうちに、「廃刊」する方が賢明なのでは?!「正論最新号」
 

感想やお気づきのこと、ご意見等、ございましたらコメントをお願いします。できれば、下のクリックもお願いしま~す。
クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都府情報へ

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。