夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【STAP細胞問題】小保方ユニットリーダー不在で、何百回実験しても、万能細胞を作成できない理由を検証する!

2014.08.28 (Thu)
理研チームによるSTAP細胞の再現はできなかったことが分かったが、どこに問題があるのか経緯と問題点を検証しつつ、今後の対策について考えてみたい。

1.STAP細胞の検証状況はどうなっているのか?
 この27日、小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダー(以下、小保方氏)らの論文に記載された手法で細胞を調べた結果、理研によるSTAP(スタップ)細胞の検証実験は、現時点で「作製できていない」との中間報告を発表した。さらに実験を継続し、来年3月までに存否の結論を出す方針だという。(☜クリック)こうした状況を受けて、日本学術会議は速やかに不正の全容を明らかにし、関係者の処分を行うよう求める提言を発表した。産経ニュースより 2014.8.28

STAP細胞論文をめぐる理研の対応プラン

2.STAP細胞の検証の問題点はどこにあるのか?
 ①検証実験の少なさ
 検証チームは小保方氏らの論文の手法に従って、万能性遺伝子の働きを調べた。これまで22回実験したが、目印となる緑色の光は確認できなかったという。当初計画では6月末までにSTAP細胞を作製する予定だったが、今後は細胞の作製方法やマウスの系統などを変えて実験を行う予定。
 小保方氏は「会見の場で200回、2011年6月から9月頃だけでも100回以上作成していた」と言っている。(☜クリック)これが事実ならば、ハインリッヒ(失敗)の法則からすれば、1回の現象化した背景には最低でも300回の上手くいくための実験が必要なのではないか?22回くらいでは話にならないほどの実験回数だ。話にならないほど少ない実験回数ではないか?

 ②研究費のあまりにもの低さ
 SPAP細胞の働きが確認できなければ、その先の実験に進めないのだという。今回の実験には、研究費1300万円の半分以上をすでに費やしているそうだが、発見すればノーベル賞ものの万能細胞だ。余りにも安い費用で大きな発見をしようとしていないか?それは欲が過ぎるというものだ。それなりの時間とお金が準備されないといけないのではないか?

 ③検証するチームの気迫の問題
 検証の最大の問題点は、STAP細胞を作ったことのない人が、小保方氏の論文だけを頼りに検証していることだ。これでは、例え百万回の検証をしても、検証は徒労に終わるだろう。スポーツの世界でも「絶対に記録を出すんだ、金メダルを取るんだ、相手に勝つんだ」と思ってやる者と成り行きでやっているような者とでは結果は全く違うように、「STAP細胞は絶対にあるんだ」と思ってやる者と言われたからやっている者や「どうでもいいや」と思いながら検証している者とでは、結論が全く違うだろう。例えば、小さな発見を易々と見逃してしまうのだ。結局は、小保方氏の入らない検証など全く無駄な作業だということだ。

 ④理研の全責任者である野依理事長は、笹井副センター長自殺の引責を取り、辞職すること
 小保方氏に責任を押しつけ、笹井副センター長を自殺に追い込んだのは、「理研幹部の金満体質、官僚の天下り体質、責任逃れ体質にある」(☜クリック)と考えられる。野依理事長は、笹井副センター長を失ったことに対して「なぜ生前の苦しみを共有、緩和しつつ、悲劇的事態を回避できなかったのか、悔恨の極み」と述べ、続投する意欲だが、明らかに出処進退を誤り、ポストに執着し、老醜をさらしているとしか見えない。後進に道を譲るという清廉潔白とした生き方で、次世代にその大きな偉業を託すのも大事だ。

STAP細胞の検証実験
 STAP細胞の検証実験の流れ

3.今後のSTAP細胞発見に向けてやるべきことは何か?
 ①検証は、一日も早く小保方氏自らが独自に検証すること。
 川合理事は「実験には個人的な手腕が関係する。実際に実験をしたのは1人であり、その1人の検証をもって最終的な結論を出す必要がある」と、日本学術会議の早急な処分提言を反論している。実にその通り。
 STAP細胞の存否を決着させるには、「存在する」と主張する小保方氏による実証が不可欠で、現在、小保方氏は検証チームに実験方法などを助言する一方で、11月末までの予定で自ら実験を独立して行う予定だという。
 4月の会見では、「作製にはこつがある」と話しており、論文の手法で自ら証明できるか注目される。現在は準備段階で、作製はまだ始まっていない。
 

 小保方氏の「STAP細胞は、あります!」発言、すべてはここに始まる。

 ②STAP細胞の発見を想定して、小保方氏の持っているレシピの公開をさせること。
 ただ、そうなるためには、小保方氏の方に何かの壁のようなものがある。高い高い「心の壁」のようなものだ。
 小保方氏が「本当のレシピ」の公開をしない真の理由は、どこか他にあるのではないだろうか?例えば、
 ・「使い捨てカルチャー」
 今の理研の経営構造では、野依理事長がいる間は、笹井副センター長と同様に、良いとこ取りされて、役に立たなくなったら「ポイッ」と使い捨てされてしまう可能性が高いのではないか。優秀な若手技術者や女性のスタッフたちらの不安もそこにあるように見える。まずは、「使い捨て」にしない旨の契約のようなものが必要だろう。
 ・「信頼関係の構築」
 理研側もノーベル賞候補ともなるような「STAP細胞の発見」をみすみす他に取られてはなるまいと、小保方氏の飼い殺し状況にして、外には出させないようにしている。学術研究会議、日本分子生物学会や無責任なマスコミの言いなりになって、小保方氏を断罪し、放出したら、技術が外に出て行って、みすみす大魚を逃すことになることは火を見るよりも明らかだ。そのためには、小保方氏との深く長い信頼関係を結ぶ必要がある。



 事実、4月9日の記者会見でもこう述べている。
 「STAP細胞を作る各ステップに細かな技術的な注意事項があるので一言でコツのようなものを表現することは難しいのですが、再現実験を試みて下さっている方が、失敗しているステップについて、具体的にポイントをお教えすることについては、私の体調が回復し環境さえ整えば、積極的に協力したいと考えております。状況が許されるならば他の方がどのステップで問題が生じているかの情報を整理して、現在発表されているプロトコールに、具体的なポイントを順次加筆していくことにも積極的に取り組んでいきたいと考えております。
 また、現在開発中の効率の良いSTAP細胞作製の酸処理溶液のレシピや実験手順につきましては、所属機関の知的財産であることや特許等の事情もあり、現時点では私個人からすべてを公表できないことをご理解いただきたく存じます。今の私が置かれている立場では難しい状況ですが、状況が許されるならば実験を早く再開して、言葉では伝えにくいコツ等がわかりやすいように、映像や画像等を盛り込んだプロトコールとして出来るだけ近い将来に公開していくことに努力していきたいと考えております。」と。

 ※「状況が許されるならば・・・」という言葉を繰り返していることに注目して頂きたい。
 つまり、四ヶ月余り経っても、「状況が許される」ところに来ていないということだ。
 では、誰がその判断をしているのか?
 当然、理研のトップ、もしくは幹部であることは間違いない。その延長線上に、笹井副センター長の自殺もあると見るのが妥当だろう。事実は、小説よりも奇なりだ!

 「現代の魔女狩り」とも言えるマスコミの論調と学界の対応に、毅然と反論をしているのが幸福の科学・大川総裁だ。

小保方晴子さん

 書籍『小保方晴子さん守護霊インタビュー それでも「STAP細胞」は存在する』においてこう述べておられる。
 「この人を抹殺してはいけない。今は、護り、見守り、育てることが大切だ。わが国の宝だと思う」と。また、あとがきでは
 「嫉妬心の渦巻きみたいになって、世間のいい大人たちが、この若き日本の女性天才科学者を異端審問することを放置できない。科学者の世界の陰湿ないじめの体質は改善しなくてはならない。「真理」や「善」を一歩前に進めることこそ要である」と。

 ※権威主義に陥り真実が見えなくなり何のための研究であるのかが分からなくなった学界、他人の不幸で飯を食い過ぎて事実を偽ることが普通になったマスコミ界、利権に群がり若い研究社を食い潰し欲ぼけして老醜を晒す理研の幹部たち。共通して底流を流れているのは「堕落した官僚主義」だ。日本の国政の至る所で官僚に食い荒らされ、天下りの温床となっている。マクロ的には、政官財に脈々と流れる「悪しき官僚主義」と「天下り体質」と「いじめの構図」の打開が必要だ。ミクロ的には、STAP細胞の存在の是非よりも己の自己保身と欲の実現に汲々として、若い科学者たちを虐める鬼軍曹をどうにかしないといけない。


 この癒着、官害を本気で突き崩せる情熱あふれる「真の政治家」の登場が望まれる!

 皆さんは、どう思われますか?


小保方晴子さん守護霊インタビュー それでも「STAP細胞」は存在する (OR books)

新品価格
¥1,512から
(2014/8/28 19:14時点)



 現代の「魔女狩り」に徹底反論した小保方晴子さん守護霊インタビュー!

『「嫉妬・老害・ノーベル賞の三角関数」守護霊を認めない理研・野依良治理事長の守護霊による、 STAP細胞潰し霊言』――されど「事実」は時に科学者の「真実」を超える (OR books)

新品価格
¥1,512から
(2014/8/28 19:30時点)



 「事実」は時に科学者の「真実」を超える!野依良治理研理事長の守護霊によるSPAP細胞潰し霊言!!

The Liberty (ザ・リバティ) 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥540から
(2014/8/28 19:34時点)



 優秀な科学者を潰す理研の構造!STAP細胞の発見よりも理研に群がる利権の方が大事?!


感想やお気づきのこと、ご意見等、ございましたらコメントをお願いします。できれば、下のクリックもお願いしま~す。
クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都府情報へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。