夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「従軍慰安婦問題」、「靖国参拝問題」、「教科書問題」、などのえん罪事件の黒幕はすべて朝日新聞社!この罪を認め、国民に謝罪せよ!

2014.08.16 (Sat)
安倍首相が玉串料奉納 参拝は見送り(☜クリック)産経ニュースより2014.8.15
 安倍晋三首相は15日、代理人を通じ、自民党総裁として靖国神社に玉串料を奉納した。首相は名代の萩生田光一総裁特別補佐に「揺るぎない恒久平和をしっかりと誓ってほしい」と託し、参拝は見送った。

※一国の宰相として、国家のために戦い、亡くなられた英霊の慰霊のために「戦地参拝」やそうした「慰霊の場所」に参拝するのは、信仰心、宗教心のない中国を除けば、人間としての当然の行為であろう。事実、朴槿惠韓国大統領でもアーリントン国立墓地を訪れ、献花されているではないか。

アーリントン国立墓地にて献花される朴槿惠大統領

そもそも、靖国神社の前身である東京招魂社は、大村益次郎の発案のもと明治天皇の命により、戊辰戦争の戦死者を祀るために1869年(明治2年)に創建された神社だ。(☜クリック)
1877年(明治10年)の西南戦争以降は、日本国を守護するために亡くなった戦没者を慰霊追悼・顕彰するための、施設であり、大東亜戦争では、日本兵が戦友と別れる際、「靖国で会おう」と誓ったことから、靖国神社は日本兵の心の拠り所としてのシンボルの一つであった。


 靖国神社の前身、東京招魂社
 
かつて、戦後の日本を統治したGHQのマッカーサー元帥は、「大東亜戦争を引き起こす源泉となった『国家神道』、その源泉が靖国神社だ」と考え、靖国神社を焼き払い、ドッグレース場を造ろうとした。当然、大激論となった。それに対して、上智大学学長でバチカン日本支部代表、ブルーノ・ビッテル神父とメリノール宣教会のパトリック・バーン神父に意見を求めた。その際に、ブルーノ・ビッテル神父はGHQに、こう進言し止めさせたという。

ブルーノ・ビッテル神父
 ブルーノ・ビッテル神父

いかなる国家も、その国家のために死んだ戦士に対して、敬意を払う権利と義務がある
それは戦勝国か、敗戦国かに問わず、平等の真理でなければならない。
靖国神社を焼却することは、GHQの占領政策と相容れない犯罪行為だ。
靖国神社が国家神道の中枢で、誤った国家主義の根源であるというなら、排すべきは国家神道という制度であり、靖国神社ではない。
我々は、信仰の自由が完全に認められ、神道・仏教・キリスト教・ユダヤ教・イスラム教などいかなる宗教を信仰する者だろうと、国家のために死んだ者は全て、靖国神社にその霊を祀られるようにすることを進言するものである」
と述べ、中止させたのだ。

また、バーン神父もマッカーサーへの「靖国神社存続」への嘆願書のなかで、国家神道に対してこう述べている。
「国家神道は愛国心の表明以上の何物でもない。
それは、プロテスタントとカトリックとユダヤ教徒が、アーリントンの無名戦士の墓で花輪を供えるようなものだ。
それ以上のものじゃない!」と。
バーン司教が靖国神社の存続をマッカーサーに嘆願した際に、神社参拝に関するカトリック教会の解釈を根拠としたことが推測されている。

さて、この時期になると賑わしくなる韓国、中国のメディアの対応は以下の通りだ。
閣僚の参拝直後に速報 韓国通信社(☜クリック)産経ニュースより2014.8.15
古屋圭司国家公安委員長兼拉致問題担当相と新藤義孝総務相が15日午前に靖国神社を参拝したことを、韓国の聯合ニュースは参拝直後に共同通信を引用して報じた。

中国外務省報道官、安倍首相の玉串料奉納を批判 閣僚の参拝も安倍首相に矛先(☜クリック) 中国メディア2014.8.15
中国外務省の華春瑩報道官は15日、安倍晋三首相が靖国神社に玉串料を奉納し、閣僚が参拝したことについて、「日本政府の歴史問題に対する誤った態度を反映しており、断固として反対する」と非難する談話を発表した。
中国外務省の華春瑩報道官
 中国外務省の華春瑩報道官

そもそも、中国政府は1985年(昭和60年)まで政府・閣僚等による「靖国神社参拝」を問題視した発言はなかったことを、ご存じだろうか?
これを「日本的愛国心、問題視」という記事で、中曽根首相の靖国神社参拝を繰り返し批判したのがが朝日新聞加藤千洋記者である。その10日後に、中国に行き、「訳す国神社参拝問題」を表面化させた火付け役が社会党田辺誠委員長である。社会党の田辺誠委員長は、その際に、南京大虐殺の記念館を造るように助言したとも言われている。そのあたりの背景が下の映像に詳しく述べられている。



※だから、すでに戦後69年を迎えた今、日本国政府は、いつまでも「戦争責任」という言葉に怯えるのではなく、事実を直視して、是々非々的に「凜とした対応」をする時期ではないだろうか。
特に、靖国参拝の意義と意味を国際世論に訴え、宗教心のないような中国やねつ造をいつまでも利用し続ける韓国に対しては、きっぱりと「内政干渉!」、「出鱈目を言うな!」と厳重抗議すべきだ。
ましてや、非情な中国人民解放軍によるチベット問題や新疆ウィグル自治区での人道主義を無視した極悪非道な振る舞いに対して、外国メディアが事実を報道すれば、「内政干渉だ!」と突っぱねる中国政府や中国メディアに、とやかく言われる筋合いはないはずだ。

※ 先日の「従軍慰安婦問題」のねつ造事件の黒幕は朝日新聞植村記者だったことが明らかになった。同じく、この「靖国神社参拝問題」も同じく、朝日新聞加藤記者だったのだ。かつての「教科書問題」(☜クリック)も朝日新聞だったことは既に明らかになっている。

こうしたねつ造記事を書いても恬として恥じない朝日新聞に対して、政府は、情報公害企業(情報ブラック企業)として国民に取扱の注意を与えるべきである。また、朝日新聞は、これまでの報道のねつ造に対して、国民に謝罪すべきであり、その報道姿勢を改めず、国民に事実を伝えないのならば、報道の場から去るべきである。


皆さんはどう思われますか?

歴史認識を問い直す 靖国、慰安婦、領土問題 (角川oneテーマ21)

新品価格
¥843から
(2014/8/16 22:00時点)




靖国神社参拝の何が問題か (平凡社新書)

新品価格
¥799から
(2014/8/16 21:59時点)




新ゴーマニズム宣言SPECIAL靖國論

新品価格
¥1,296から
(2014/8/16 22:01時点)



 日本人として知っておくべき「靖国神社」問題がわかる!



感想やお気づきのこと、ご意見等、ございましたらコメントをお願いします。できれば、下のクリックもお願いしま~す。
クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都府情報へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

人生が百八十度変わると思います。
少しだけでもいいので、時間をください。
今まで誰にも助けてもらえず、生活が苦しかったんです。
そんなとき、たまたま知り合った人が教えてくれました。
最初はやっぱり疑ってたんですけど、信じたら本当にお金をもらえました。
すぐに裕福になれる方法があります。
イタズラじゃない人だけにすごい情報を教えます。
知りたい方はemi_himitu@yahoo.co.jpまでメールください。
メールもらえたらすぐに返事出しますから。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。