夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これって国賊じゃない?

2010.05.03 (Mon)

 日本館3000人が列、「ハイテク見たい」

【上海=加藤隆則、比嘉清太】多くの国のパビリオンが国旗を掲げる中、上海万博・日本館は1日、日の丸の掲揚を見送った。

 担当者は「過去の万博でも掲げなかったことはある」と説明するが、反日感情に配慮した措置と見られる。日本産業館スタッフも「政治にかかわることがないよう展示内容には気を使った」と話している。

 中国では抗日戦争を題材にしたテレビ番組が頻繁に放映されており、日の丸が軍国主義の象徴と受け止められる傾向が強い。

 日本館は開館時には中国人観客ら約3000人が列をつくる大盛況ぶり。浙江省温州市の高校2年生、呉昭毅さん(17)は、前日夜に長距離バスで上海入り。「とにかくハイテクを見たい」と興奮気味。地元の会社員曹美さん(34)も「事前リハーサルでは人気が高くて見ることができなかった。今回は絶対に見る」と意気込んでいた。(2010年5月1日13時02分  読売新聞)

   

 この日本という国は、いったいどういう国なんだろう?
 自国のことを、他国から過去のことでいちゃもんつけられたら、「それは日本が悪うございました。」といつも謝ってばかりいる姿が目に付き過ぎている。それは、情けないを通り越して、自虐的史観で頭を洗脳された者が政界も産業界も多すぎるんじゃないか?

 と、言うよりも学生の頃から「本を読んでいない」ために、「地頭(ぢあたま)で考える」とか「正しい歴史観」というものを知らなさ過ぎて、悪意ある相手に騙されていることにも気づかないんだ。だから、「おまえは間違っている」とか「日本は悪いことをした」と言われたらすぐに謝る。特に、90年代に入っての政治家(河野洋平氏、宮沢喜一氏、村山富市氏、土井たか子、小泉純一郎氏、等々)はすぐに謝るから、同様に国民も謝れば許されると勘違いする。その結果、子供達にも謝り癖が付きすぎて、自尊心も愛国心もない、気概のないクラゲみないな人間が多数生息してしまったのだ。

 それが、今回のような軟弱な日本産業館のスタッフだ。「反日感情に配慮した措置」などと頭から逃げ腰だ。こちらは過去の人はどうであれ、現在、そこにいる固有の誰かが何か悪いことをしていた訳ではないのだから、気後れする必要など無いのだ。だから、「もっとしっかりしろ!」と言ってやりたい。最近流行の草食系男子か何か知らないが、本当に情けない話だ。

 このような事態に対して、外務省及び外務大臣は何をして居るんだ!?「岡田大臣、もっとしっかりしろ!」と言ってやりたい。そして、中国政府に対して、もっと強く「遺憾だ!」と言うべきだ。「他国から人を呼んでの万博開催期間中に、「抗日戦争」を題材にしたテレビなど放映すべきではない!中国は孔子様の教えの国じゃないのか?己の欲せざる所、人に施す事なかれという言葉を知らないのか!」と言わなきゃ分からないのが中国人だ。断乎として中国に苦言を呈し、場合によっては謝罪させるべきだ。

 もし、万一のことがあったならば、上海万博から一斉に撤退したらいいんだ。そうしたら、中国政府はとんだ赤っ恥だ。その上で、日本で中国製品の不買運動を展開してしまえばいい。それでも反省無き場合は、「企業を一斉に引き上げさせるぞ!」と言い切ればいいんだ。中国は今、バブル経済で踊っているだけの中身無し国家だから、実体経済はない。コピーものだけで、自国で元から作れるだけの技術はない。日本に遅れること40年。まだまだ、追いつけるだけの技術など持ち合わせていない。

 中国のGDPが日本のGDPを追い抜くとか何とか言って騒いでいるが、実際は、日本企業を含め多国籍企業の生産が本国や他国に輸出されているだけであって、中国企業単独で、中国のGDPを押し上げ、日本のGDPを抜くわけではない。まだまだ経済面では怖れずに足らずだ。

 ただ、手放しで安閑とできる事態ではないのも事実だ。それは、軍事力の増強だ。年率二桁で伸びている中国の軍事力。2020年にはアメリカを抜くつもりで頑張っている。これは、過去の日本の政治家達にも悪い点がある。ODAで経済援助して国力をつけさせたのは日本の政治家だからだ。特に旧田中派の人たち。このODAについて、日本の外務省では「我が国の有償資金協力(円借款)により総延長5200kmもの鉄道が電化された」と言っている。こうした中国全土の鉄道網建設が、軍事拡張に利用されていることは明らかである。

 それでも日本政府(特に自民党)は、中国の軍事的脅威を見て見ぬふりをしながら、日本国民への背信行為と言うべき圧力を受け入れながら、いつまで友好路線を続けてきた。それは、拠出したODAを原資にして、政党(もしくは派閥)にキックバックして貰っていたからだ。

 更に、民主党という政党が出来てからは、日本という国はクラゲのように中身のない政治を断行し、国内的にも国際的にも漂流し、右顧左眄し、上海万博の日本産業館のように、「国旗・国歌」すら掲げず、歌わない政治家が出てきた。

 かく言う私も、こうした事態に情けなく思い、「日本の未来に責任を持つ人たちよ、日本の政治家たちよ、もっとしっかりしろ!」という意味を込めて文章を書いたら、「左翼反動」「幻滅した」と言われ、「右翼と勘違いされて困るから止めろ」と、後ろから弾が飛んでくる始末だ。

 有事の時に国家を守る人にも、危機の時に逃げ惑ったり、売国奴にも等しく「言論の自由」なのか!?税金も払えなくても、億万の税金を払っても選挙権は等しく「1票は1票」なのか!?結果平等の「投票型民主主義」とマスコミ型の「言論の自由」はどこかの時点で変更を掛けないといけない時に来ていることを痛感する。

クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。