夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『クロッシング』を見よう!

2010.05.02 (Sun)
昨日、東京に急遽、出張となった。そこで、前から気になっていた映画『クロッシング』を銀座シネパトスに見に行った。
すると、17時の部の終了後、勝谷雅彦氏が出てくるではないか?!
「な、何事?」と思っていたら、余り見かけないご年配の方も出てきた。
なんだろうな?と思っていたら、「脱北者支援」をされている方だという。
第二次世界大戦の時の外務官僚、杉原千畝の北朝鮮版というところか?
また、この映画『クロッシング』を日本に入れるために、相当にご尽力されたのだとのこと。
事実、この映画は2年前に制作させていたのに、なかなか国内で上映できなかったそうだ。
う~ん(>_<)
何か、政治的な意図を感じるなぁ・・・。


CROSSINGにて 

映画『クロッシング』の中身は、とてもリアリティがあり、家族愛を描きながら、国家の問題を描いた秀作だと思います。( リンクを張りました。是非、見て下さいね。)

北朝鮮という国、そしてその隣国の中国という国。
今時、時代後れの国家社会主義の国を如何に平和理に民主化させるか。
極東の平和を日米が協力し合いながら、緩やかにその目的を果たさなければなりません。
それは、中国の人民のために、北朝鮮の人民のために。
映画の中でも描かれていますが、軍部の横柄さ、非道さ、無慈悲な行為。本当に許せない!そんな公憤が湧き上がります。
経済力が無いが故に、病気になるも薬がない。その薬代稼ぎに脱北するも家族はバラバラに。涙が思わず頬を伝う、悲しすぎる話です。現在進行形だけに、暴政、悪政をする指導者は許せません!
自由と繁栄を否定した国家が如何に惨めなものかが分かります。鳩山首相にも見て貰いたいものです。同様に、凡庸な宰相が持ってはならない国家経営を持ちあぐね、北朝鮮の場合は核兵器を、日本の場合はお金を持ちすぎて、危ない火遊びをしているようにしか見えません。
それは、中国も一緒です。
いつもは、TVや新聞などのマスコミ関係者の情報管制を暴き、叩いている私ですが、今回は文藝春秋の方々のジャーナリスト魂に感服した次第です。

クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

いままでの私ならこんな風に悲しく切ないと分かっている映画は最初から見ないことにするとこですが、お隣での現実として向き合うためにクロッシングを見ようと思います、日本だけでなく世界を救うのは幸福実現党しかない!ハトには無理…このまま間違った国家を野放しにしてはいけない!!頑張れ 植松さん! 
Re: 有難う、Peachさん
この「クロッシング」という映画、広島には7月にならなければ来ないそうです。岡山は5月22日にも届くそうです。この違いは何なんでしょうね?私が以前に住んでいた下関なんか上映の予定もないんですよ。奥田英二が勝手に映画館を買って、自分の趣味で映画を上映しているから、こうした映画はきっと上映しないでしょうね。
この日本、どこかで情報をコントロールしている奴らが居る。
「007死ぬのは奴らだ!」ではないけど、どこかでマスコミの言論誘導に対してしっぺ返しをしないといけないと思うな。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。