夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滋賀県知事選の自民敗因を分析すると、争点の欠落と○○の裏切りだ!

2014.07.22 (Tue)
7月14日にあった滋賀県知事選で与党系候補が敗れたことにより、自民党の自浄作用が働くことを期待したい。

滋賀県知事選

安倍首相は、14日午前の衆院予算委員会集中審議で、「集団的自衛権の議論が影響していないとは申し上げるつもりはない」と述べ、行使を容認した1日の閣議決定が影響を与えたことを認めた。

※しかし、そういうことが問題ではないと思う。集団的自衛権行使容認を認めたことがいずれ、結果としてやっておいて良かったということになる。それは、結果が付いてくるから問題ではない。

それよりも問題にすべきは、自民党の選挙の戦い方そのものに問題があったのではないか?
1.候補者の人選の間違い。
  もう既に、週刊誌等で小槍氏の資質の問題はあげつらっているので、敢えて触れない。
  それ以上に自民党政治は、本気で変わらないといけないことに、理解が及んでいないということだ。
  2009年、なぜ、民主党が大勝利したのか?
  ここを自民党は、明確に分析し切れていない。これを改めない限り、今回もこれからも破れ続けるだろう。
  国民に、「夢」を与えたこと。
  特に、女性票への取り組みの強化。→古い体質の自民党はここがボトル・ネック。談合、お手盛りは女性にはダメ。
  旧態依然とした官僚依存型の政治からの脱却を目指したこと。→結果的には、ミイラ取りがミイラになったが・・・。
  メディア戦略の勝利。→TV番組を上手に使われた。「TVタックル」と「太田総理」。
  滋賀県民は、未だに変わらない自民党の体質に、嫌気がさしていることだけは間違いがない。

滋賀県知事選自民敗北

2.選挙の争点を明確に打ち出さなかったこと。
  安倍首相は「県民は滋賀県の将来をだれに託すかの観点から判断した」とも述べられているが、人ではない。
  必ずしも、三日月氏に県民からの人気があったとは言えない。
  村祭りの責任者を選ぶのではないのだから、首相の仰るような視点で、県民が県知事を選んだりはしない。
  そこまで県民もバカではない。
  石破幹事長が3度も現地入りをして、公共事業のバラマキをちらつかせても、なびくような県民性ではないのだ。
  それよりも問題にすべきは、県民にこの知事選の大切さを訴え、投票率を上げるべきだったし、指示を仰ぐべき団体に
  支持を取り付けるべきだったろう。
  50.15%の投票率を見れば、いかに関心が低かったかが分かる。
  半分の県民が棄権するほどの対立軸なき選挙、夢のない選挙をしたということではないか?
  組織票は、投票率全体が上がれば、争点がしっかりした方に流れていく。
  そして、県政の争点を、滋賀県をもっと豊かに、住みやすく、子供たちが夢を育める県政にすることを訴えるべきだった。
  例えば、
  原発を止めて、熱帯夜が続けば、毎晩のように停電になっていい行政をしていると言えるか?
  景気を悪くして、働く先が潰れていって、ブラック企業がどうのこうのと言えるか?
  役人の待遇ばかりよくなって、これを正すのが保守の政治家ではないのか?
  子供が学校に行きたくないような授業をされていい教育と言えるか?
  子供に夢を摘むような政治を目指すのが左翼政治であり、組合主導の教育行政であり、役人国家、国家社会主義だ。
  それは、ソ連や中国で証明済みだ。

石破幹事長

3.連立の崩壊
  応援票が5万あると聞いていた。これならば、楽勝だと自民党の選挙対策本部は甘く見ていた。
  ところが、その5万は宙に浮いていた。応援すると言いながら自由投票だったというのがその実態だったようだ。
  明らかな裏切りである。
  それでも機嫌良く連立を組んでいるのだから、開いた口がふさがらない。
  それにも増して、敵を増やして、味方を呼び込めなかった自民党の選対、幹事長に問題ありだろう。
  敵と味方の峻別がつかないならば、選対本部の責任者は止められた方がいいのではないか?
  支援をお願いする先が間違っていたと言うことだ。



今後、原発問題が争点になる10月の福島県知事選、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題が問われる11月の沖縄県知事選への影響を懸念しているようだが、もう一度、以上の3点から再検討をすれば立ち直れると思うのだが・・・。

ただ、この選挙結果に官房長官は、14日午前の記者会見で「惜敗は残念だが(あくまで)地方の選挙」と述べ、他選挙への影響は限定的との見方を示したそうだが、地方の連合体が国家であるだけに、このまま無反省に進めていくならば、自民党政治は足下から崩れ、民主党の二の舞となることだろう。

みなさん、どう思われますか?

自立国家への道

新品価格
¥1,404から
(2014/7/22 11:48時点)


教育の使命―世界をリードする人材の輩出を (OR books)

新品価格
¥1,944から
(2014/7/22 11:53時点)



 教育内容には踏み込まず、金をバラ蒔いただけの民主党政治、これじゃあ、ダメだよね!

教育の法―信仰と実学の間で (OR books)

新品価格
¥1,944から
(2014/7/22 11:57時点)



 官僚体質化した学校は、クレームを隠す!「理想の教育」のあるべき姿を問う一書!



感想やお気づきのこと、ご意見等、ございましたらコメントをお願いします。できれば、下のクリックもお願いしま~す。
クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都府情報へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。