夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実化しすぎて怖い!話題の近未来映画『Final Judgement』を緊急無料公開!今こそ、国難に備えよ!

2014.07.03 (Thu)
2012年公開され大ヒットした近未来映画『ファイナル・ジャッジメント』が、YouTubeで無料公開される。

その広告が本日7/3(木)産経新聞にて、全面カラー広告が掲載されていた。それがこれだ!

Final Judgement

無料公開期間は、7月4日(金)~7月13日(日)までの10日間!

 映画『ファイナル・ジャッジメント』の大まかな筋書きは、こうだ。
 ストーリーは、2009年の国政選挙から始まる。
 「このままではこの国はなくなってしまう!」という危機感から選挙で訴える主人公・鷲尾正吾の声も虚しく大惨敗し、左翼政党民友党が大勝利する。このシーンは実にリアルなシーンだ!!
 その結果、数年後201X年に日本は無神論・無宗教国家のオウラン国に占領される。占領後、思想・信条、信教、学問、言論、等あらゆる自由が制限され、束縛される。独裁体制に異を唱える者は容赦なく、そう、今のチベットやウィグル自治区のように拘束され、処刑される。
 そんな中で、主人公・正悟は地下組織「ROLE」に出会い、そこから自らのやるべきことを悟ってゆく。そして、日本国民の生命、財産、自由を奪ったオウラン国の独裁体制に挑戦する。
 「ここで、何もしなければ、なにも変わらない・・・。

 明らかに今の日本とオーバーラップする内容だ。
 安倍首相に100回くらい見て欲しい内容だ。「集団的自衛権行使容認」くらいで仕事をしてと思って貰っても困る。
 「憲法改正」ではなく「自主憲法制定」こそ日本国民の願いであり、これに棹さす者は、オウラン国、中国のスパイか売国奴といっても過言ではあるまい。

 以下のYouTobe(☜クリック)に案内映像があるので、ご覧頂きたい。
 その一つを紹介させて頂いたものがこれだ・・・☞☞☞




映画ファイナル・ジャッジメントの秘密に迫る―企画から製作秘話まで (OR books)

新品価格
¥1,080から
(2014/7/3 21:47時点)




映画パンフレット 「ファイナル・ジャッジメント」製作総指揮:大川隆法 出演:三浦孝太、宍戸錠

中古価格
¥351から
(2014/7/3 21:48時点)




国難に備えよ―日本の安全保障を問う!

新品価格
¥617から
(2014/7/3 21:49時点)




自由の革命 (OR books)

新品価格
¥1,620から
(2014/7/3 21:50時点)





感想やお気づきのこと、ご意見等、ございましたらコメントをお願いします。できれば、下のクリックもお願いしま~す。
クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都府情報へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。