夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうそろそろ「従軍慰安婦問題」にピリオドを打とう!真実顕現させて「日韓破局」するならば、「国交断絶」も射程におくべし!この背後で蠢く自民党左派と左翼政党、サヨク新聞に引導を!

2014.06.20 (Fri)
「日韓破局」と検証憂慮 河野談話で韓国野党(☜クリック)産経ニュース2014.6.19 21:02

 韓国の最大野党、新政治民主連合の金ハンギル共同代表は19日、慰安婦問題をめぐる河野洋平官房長官談話の検証作業は、日韓関係に「破局をもたらしかねない」と述べ、安倍晋三政権が20日、検証結果を国会に報告することに憂慮を表明した。

 ソウルでの日本メディアとの会合で、金氏は検証作業を批判し「談話を修正、破棄にもちこみ慰安婦(問題の責任)を否定しようとする意図としか見えない」と述べた。

日本国政府は、事実を事実として、真実を真実として述べ勇気を持たねばならない
 なぜ、急に朝日新聞は「従軍慰安婦」を焚き付けたのか?ここを疑問に思う人もいるだろう。
 当時は、ソビエト連邦が倒れ、日本の左翼は「自分たちも倒産の危機が来る」と恐れた。そこで、自分たちが生き残るために、「日本を悪い国にしないといけない」との合意、密約が内部で出来ていたのだ。それが宮沢政権と左翼系新聞との間で、生き残りをかけ、「従軍慰安婦」を人身御供として差し出したのだ。それが1992年という年だった。
 そのことを、河野洋平氏自身、その本心とも言える守護霊が真実を語っているのだ。

河野・村山談話を斬る

 ただ、この『従軍慰安婦』を語るときに、二人の朝日新聞記者の名を出さなければならないだろう。その一人は、『従軍慰安婦』なる造語の産みの親とも言える植村記者で、平成3年8月に植村記者が日韓の報道陣の中で一番早く、元売春婦、金学順の存在を伝えた人だ。この金学順は、ただ単に、40円でキーセンに売られた身であったのに、「戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた『従軍慰安婦』」ということにしたのだ。この事実を知りながら、真実を隠し、記事を書いたのが朝日新聞植村記者であり、それも本人は元売春婦らで作る被害者団体の専務理事の義理の息子だったのだ。

朝日新聞 従軍慰安婦記事

 翌、平成4年1月11日に「軍、慰安所関与示す資料」というでっち上げ記事で、『従軍慰安婦』という言葉を造語し、「朝鮮人女性を挺身隊の名で強制連行した」と記述し、裁判を有利に展開させようと画策したのだ。ここから日韓の大いなる勘違いが始まる。そもそもは、挺身隊=従軍慰安婦と混同した朝日新聞植村記者の勘違い事件、もしくは、意図的なでっち上げ事件だったのだ。

そして、もう一人が、安倍首相をこき下ろして名を挙げることになる早野記者だ。それは朝日新聞コラムニストという肩書で、日刊スポーツ平成19年3月11日に書いた「政治の時間 従軍慰安婦は強制か 安倍の否認は責任逃れ」という記事を掲載させた。

内容は以下の通りだ。
「では、河野談話とはどのようなものだったのか。(中略)政府は、1年半にわたって、日本の役所の文書、米国の公文書を調べ、韓国ソウルで相当数の元慰安婦から、当時の事情を聴いた。河野はその証言を全部見た。その結果、河野は談話で「甘言強圧など本人の意思に反して集められた事例が数多くあり、さらに官憲が直接これに荷担したこともあった」と結論づけている。安倍は河野談話を継承するというのなら、「強制はなかった」などと四の五の言うべきでない。日本政府の二枚舌になってしまう。一刻も早く発言を撤回すべきであろう。」というものだ。

そして、早野記者が「共産党・あかはた新聞」にも、聞き手として登場する。
共産党志位委員長の発言が、実に、韓国側の言い分や朝日新聞の内容とあまりにも酷似していて、趣きがある。

日本共産党 2007年3月28日(水)「しんぶん赤旗」より
どうみる「従軍慰安婦」問題 CS放送「各党はいま」 志位委員長が語る(☜クリック)

志位委員長

 2007年3月27日、CS放送・朝日ニュースターの番組「各党はいま」に日本共産党の志位和夫委員長が出演し、「従軍慰安婦」問題について語った。聞き手は朝日新聞コラムニストの早野透氏。

志位 もともと「従軍慰安婦」の問題というのはどういう問題か。日本が植民地にしていた朝鮮、台湾、軍事占領していた中国、東南アジア、こういう国々から8万人から20万人、あるいはそれ以上ともいわれる規模で、女性たちを戦場に連れて行った。そして「慰安所」に閉じ込めて、性行為を強要した。これは、身の毛もよだつような、非人道的な行為です。これだけのことの全体を、国家権力と軍の強制なしに行うなどということは、およそ不可能なことです。それをいまになって「強制連行の証拠はなかった」と。

※志位委員長という方は、よくぞまぁ、こんないい加減な歴史観(朝鮮半島も台湾も植民地ではない。植民地という言葉の意味をご存じないのでは無いか?さらに、軍事占領したのではなく、欧米列強や中国国民党による植民地、占領からの解放だった)ではないか?朝日新聞と軌を一にすることがよく分かる。歴史的真実の偏向と思える内容だ。
 さらに、慰安所が性奴隷の宿ならば、下の写真にあるように、なんで金額が書かれているのか?志位委員長、この事実をどう説明されるのか?

比島慰安所規定

兵隊 6:00~16:00  1.5円   下士官 16:00~17:00 3.0円 
将校 17:00~24:00 6.0円
と、書かれている。ちなみに一等兵の月給は 8.5円/月なので、今の金額なら兵隊で3~5万円くらいか?
つまり、慰安所とは売春宿であり、慰安婦が性奴隷などではなく、立派な高級娼婦の宿だったと言う明確な証拠である。問題があったとすれば、そのお金を持ち逃げした慰安所の経営者らと、敗戦によって軍票が現金に代わらなかったことだ。

慰安婦募集
これらは、韓国政府が従軍慰安婦の証拠として出してきた資料である。
1944年当時、募集される慰安婦の給与が月収300円以上(当時の一等兵の給与は僅か8.5円)で募集されたものだ。
これは、公娼である決定的証拠であり、準備金として前金で3000円が支払われた。当時の1000円は、一戸建てが買えるほどの金額だった。

しかも、右側の連絡先には 許氏 と書いてある。明らかに許氏は朝鮮人の姓であり、慰安婦の募集に朝鮮人が積極的に関わっていたことへの動かぬ証拠だ。

この事実を見て、志位委員長はどう言われるのだろうか?「強制連行だとか、歴史の事実をゆがめているとか、人権蹂躙だ!」と騒ぐのは全くの事実無根であり、その虚偽を持って補償を要求するのは、個人で言えば「詐欺」であり、強要するのであれば「恐喝」という犯罪であるのだから、国家的に言えば、「国交断絶」してもいいほどの脅しであることには間違いない。

志位 「従軍慰安婦」問題で、歴史の真実をゆがめたりすべきではない。日本人拉致は絶対に許されない人権蹂躙(じゅうりん)の国際犯罪ですけれども、「従軍慰安婦」問題も女性を強制的に痛ましい状況においやった一大犯罪です。これについてきちんと謝罪して補償すれば一つの解決になります。

早野 国家の補償をすればですね。

※もうここまで、言うのならば、石原環境大臣も仰った言葉がぴったりだ。

石原伸晃環境大臣
「最後は金目でしょ」。

その片棒担ぎをする志位委員長には国会議員のバッチを外して頂きたいものだ。少なくとも、日本国民の税金で、政党助成金や経費を除いて、志位委員長には最低でも、2800万円もの国会議員報酬が支払われているはずだ。
であるならば、日本国民のため、日本国のために、全体の奉仕者として、後世に残るようないい仕事をするのが国会議員であって、一部の住民のためか、他国のために働くのなら、国会議員辞職して、手弁当で、それも、日本国から出て行って、該当する他国のために働いたらよろしいのではないか?
違うだろうか?


「河野談話」「村山談話」を斬る! (OR books)

新品価格
¥1,512から
(2014/6/21 01:18時点)




日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実 (ポスト・サピオムック)

新品価格
¥1,296から
(2014/6/21 01:19時点)




従軍慰安婦と断固戦う 「Monthly WiLL (マンスリー・ウィル) 」 2007年緊急増刊号 2007年 08月号 [雑誌]

中古価格
¥1,980から
(2014/6/21 01:23時点)





感想やお気づきのこと、ご意見等、ございましたらコメントをお願いします。できれば、下のクリックもお願いしま~す。
クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都府情報へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。