夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小保方さん、ガンバレ!泥沼化したSTAP細胞問題、理研は夢の細胞解明よりも細胞隠滅に躍起!疑義より真偽が知りたい!!

2014.06.18 (Wed)
小保方氏“存在”証明へ「説明責任果たさせていただく」…疑義の「マウス」「細胞」にも反論 産経ニュース 6.18 10:58

※当事者本人を蚊帳の外に置いて、若山教授や笹井副センター長を出させて、STAP細胞の存在を封印し、発生・再生科学総合研究センターは解体させ、何事も無かったように、消滅させていこうとしている改革委員会や理研およびその関係者、マスコミ報道のあり方に疑惑を感じる。

小保方氏が引き金…「神戸のセンターは解体」 理研の改革委きょう提言(☜クリック) 産経ニュース 2014.6.12 10:00
若山教授が会見「STAP細胞があることを示す証拠はない」(☜クリック) 産経ニュース 2014.6.16 15:34
不正生んだ「特例扱い」と「秘密主義」 検証結果で明らかに 産経ニュース 2014.6.12 22:18

STAP細胞の研究発表をする小保方氏と笹井氏

こうした事態に対して、小保方晴子研究ユニットリーダー自身も以下のように反論している。

 いろいろと報道されていますが、マウスに関しても細胞に関しても、私には所属させていただいていた研究室以外からの入手はありません。この点については、今後の理化学研究所の調査にできる限り協力し事実関係を明らかにできるよう努めてまいりたいと思います。

 また、何よりも、STAP細胞の再現・検証実験に参加させていただき、人為的な間違いが絶対に起きない環境でSTAP細胞の存在を証明することで、筆頭著者としての説明責任を果たさせていただくことを切望しております。

(小保方氏「人為的間違い起きない環境で存在証明」コメント全文
産経ニュース 2014.6.18 12:10)

※日本国内で、人為的的な間違いがおきないような、そんな環境があるだろうか?
必ず、こうした「STAP細胞ではなく、ES細胞だった」と作り話を仕掛ける、あるいはすり替える不逞な輩が出てくるのだ。

第三者機関ES細胞の特徴確認、小保方氏側は否定 共著者は午後に会見(☜クリック)産経ニュース 2014.6.16 11:54

※一時期は、小保方氏が発見したSTAP細胞の存在を解明してくれると思われていた若山教授。
小保方氏側から見たら背任、裏切りともいえるような行為に見えて仕方が無い。
実際に、その真偽は、どうなのだろうか?

 あるいはまた、小保方氏を切り捨て、何もなかったかのごとく封印し、一旦、その存在は消滅させおいて、ほとぼりが冷め、時が過ぎて、マスコミの話題が他に行けば、理研関係者か、別の教授によって「STAP細胞が発見されました!」と言い出すのではないかといぶかってみたくなるのだが、如何なものか?

※こうした事態に対して、『「嫉妬・老害・ノーベル賞の三角関係』(幸福の科学出版刊)におもしろいことが掲載されているので、紹介したい。



【笹井副センター長に対して】
野依良治守護霊:
「副センター長とかも、小保方にちょっと有利なことを言い始めたりして、揺れているけど、何ね?これ、認めたらなぁ、立場が入れ替わるの、わかっとるの?あのバカは。本当にねぇ。」
「当然だよ。「おまえ、クビになりたいんか」っていうの。」
「だから、辞表と“引き替え”に、記者会見で・・・。そら、当然だろ」

【若山教授に対して】
野依良治守護霊:
「それはそうだよ。辞表と“引き替え”なんだからさ。だから、山梨大の何だ?バカと一緒で、それは 「教授職を失ってもいいかどうか」っていう問題だわなぁ。家族を守りたかったら、それは、「もう失いたくない」ってなるわなぁ。

【小保方氏に対して】
野依良治守護霊:
「小保方を外して、理研だけで再現できれば、小保方の功績がやっぱり、かなりうすくなるわねぇ?」

 野依良治守護霊:
「いなけりやできない」っていうのは、大変なことですよね?だからねぇ、ノートの不備を一生懸命、責めてるけど、「レシピを出せ」って言っているわけよ」
「そしたら、おまえがいなくても俺たちで再現できるから」っていっているけど、出さないのよ。あいつ、ケチだから。」

野依良治守護霊:
「理研のノウハウの結集でもって、こういう果実が生まれようとしているわけやから、ここで持って行かれてたまるか」って言うのよ!

これが、マスコミが書きたくても書けない日本の学界の恥部と言っても過言ではないところだ。
マスコミは、学者さんたちの知識で飯を食っているだけに、地頭がない分、どうしてもこうした権威や圧力、そして金に弱い体質がある。

ペンは剣よりも強いが、ペンは権威や金には弱いのだ!

さて、みなさんは、この事実を聞かれてどう思われるだろうか?


『「嫉妬・老害・ノーベル賞の三角関数」守護霊を認めない理研・野依良治理事長の守護霊による、 STAP細胞潰し霊言』――されど「事実」は時に科学者の「真実」を超える (OR books)

新品価格
¥1,512から
(2014/6/18 21:56時点)




小保方晴子さん守護霊インタビュー それでも「STAP細胞」は存在する (OR books)

新品価格
¥1,512から
(2014/6/18 21:57時点)




The Liberty (ザ・リバティ) 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥540から
(2014/6/18 21:58時点)





感想やお気づきのこと、ご意見等、ございましたらコメントをお願いします。できれば、下のクリックもお願いしま~す。
クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都府情報へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。