夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参議院廃止論

2010.01.28 (Thu)

 昨日は、広島県東広島市に行ってきました。朝10時半~夜九時まで。地元の支援者の方々との懇談も含めて、政策説明会をして参りました。楽しかったです。東広島市の皆さんに感謝いたします。

 さて、その時に話した政策の一つを話してみたいと思います。それは、「参議院廃止論」です。広島県庁並びに福山市役所でのマスコミへの記者会見でも申し上げたことでもあるのですが、この目玉企画は、幸福実現党の実にユニークな提案且つ実施すべき政策です。

 そう言うと「「参議院廃止」を言うなら出なきゃいいんだ」ともマスコミの方に言われました。確かに一理あることですが、それは「参議院」の存在事由を全く考えていない人か短絡的に物を言う人の無責任な言葉だと思います。

 まず、「参議院廃止」の意図は、国政のコスト削減とスピード化にあります。小泉元総理の際にあった郵政選挙の元凶となった郵政民営化法案を否決させた参議院などは全くもって時間の無駄であり、国益に反する議員集団となっていると申し上げても言い過ぎではありますまい。かつての社会党のような反対のための反対、国民不在の政局論争であり、時間の無駄、経費の無駄、存在の無駄と言えましょう。

 しかし、実際に参議院を廃止するには参議院議員の三分の二の賛成がなければできません。参議院議員自らが「我らこそ無駄な機能である」と自腹を切れるか?その昔、武士(もののふ)は、自分で自分の首、もしくは腹を召して政事(まつりごと)の責任を取り、家臣や住民を守ったものです。その様に政治家は、家臣団や民草のためにその生命をかけてやるものだと考えます。この観点から今の民主党の政治家、小沢幹事長を照射してみると、全くその逆、「一将功なりて万骨枯る」型でありましょう。我ら幸福実現党の候補たちは「一将生命を絶ちて万民を生かす道」を常に考えています。かつて戦国時代に秀吉の備中高松城の水攻めの際に、家臣団や民草のために生命を断った城主清水宗治のように(但し、無駄死にはしませんよ)。

 さて、そもそも論を展開します。この両院制における参議院の存在理由を、政治家学者のレイプハルトは、?人口が多いこと、?連邦制であること、?多民族国家であること、の2つ以上当てはまる場合に推奨する制度であると言います。そう考えると、日本には?人口が多いこと、しか当てはまらず、実態に合った制度とは言えないのではないでしょうか?また、北欧など、国連加盟の過半数は一院制を採用していますから、世界の政治の大多数が採用しているとも言えません。

 参議院の「衆議院化」によって、参議院に期待されている「良識の府」としての機能も果たされていません。かつての明治憲法下では、明治政府成立の功労者であった貴族院があり、参議院の叩き台ともなりました。その貴族院は、党派に属さない議員で構成しようと努力したり、全国区制を採用したり、被選挙権を30歳以上としたりして、「良識の府」としての形を保とうと努力しています。

 そうしてみると、今の参議院に存続理由があるのか?存続していくだけの自助努力を全くせず、国家的買収政治とも言えるバラマキを独断専行する政治、憲法違反の外国人参政権を付与させようとする政治家、政治資金でもって土地買収をし利益を上げて脱税をしている政治家、などで組織された民主党などに占拠された参議院などは、「良識の府」と呼ばれるだけの内容を担保しているとは言えません。

 あの普天間基地問題を日米同盟の機軸を外さず、沖縄県人の一部の人たちの欲得のみに振り回されないで、国益重視の判断ができるのか?不景気風に吹かれている経団連に対して、大所高所の立場から政策を論議し、決断し、即座に実行に移し、その効果を挙げることができるのか?将来のある子供たちのことを考えているか?いじめ問題はどうか?ゆとり教育は何故いけないのかをずばり指摘できるか?企業内組合活動と企業収益活動のどちらが優先されるのか?毎年3万人を超える自殺者に対しての対策は?竹島問題についてはどう対処すべきか?福山市に関していえば、鞆の浦の架橋と地元の発展とをどう繋げていくのか?すべて、私たち幸福実現党なら即断即決で答えを導けます。政治は基本的には、プロの人たちに委ねるべきであって、プロが判断に迷うときに正しい方向に導ける「良識の府」である参議院でなければ、存在理由はありません。

 余談ながら、最近、マスコミが頻りに書いている「民意」という言葉は、国民を惑わす「世迷い事」ではないでしょうか?まさしく「ポピュリズム」そのものです。なぜなら歴史がそれを証明しているからです。その一例を述べれば、ドイツのヒトラー登場です。ヒトラーを世に出したはドイツ国民の「民意」でした。二度に渡る国民選挙に大勝し、第一党となりました。それを支えたのは「民意」であり、その当時のマスコミであったのは紛れもない事実です。「民意」は大いに間違うことを示した典型そのものではないでしょうか?

 国民を不幸に導くマスコミ人よ、大いに反省し、「賢者は歴史に学ぶをしっかりと実践し、無能な民主党政治を終わらせ、国民を善導せよ!





クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。