夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国政府は、文首相の任命により、韓国と日本との不幸な歴史に終止符を打て!

2014.06.13 (Fri)
日韓関係の正常化を切に望む一人として、修復不能の朴槿惠大統領にはお引き取り願って、次期首相候補の中央日報顧問の文昌克氏と交代して頂きたいものだ。

文昌克氏

 韓国「神の意思」発言の首相候補、慰安婦問題でも「謝罪を受ける必要はない」 産経ニュース 2014.6.12 16:17

中央日報顧問の文昌克氏の主張は実に、明快で、今までの朴槿惠大統領の言動を思うと溜飲が下がる思いがする。

朴槿惠発言

文昌克氏の発言で、韓国併合や南北分断について、こう述べている。

「神がなぜ、この国を日本の植民地にしたのか? 神の意思がある、『お前たちは李朝500年を無駄に過ごした民族だ。試練が必要だ』と」

「南北を分断してくれた、これも今考えれば神の意思だと思う」

「当時の体質で南北一緒に独立していれば、共産化されるほかなかった」

「怠け者で自立心が足りず、他人の世話になることがわが民族のDNA」

などと2011年、教会等での講演で発言していた。

また、「我が民族のDNAは、怠け者で自立心が足りず他人の世話になることだ」と発言したり、野党は「(日本が植民地支配のために設置した)朝鮮総督府の官憲か」などと非難している。

慰安婦問題についても、「(同問題は)深く考えなくても、われわれは良い暮らしができるので、謝罪を受ける必要はない」とも言っている。

ただ、こうした歯に衣を着せない発言に、野党勢力を中心に批判がわき起こっているのも事実だ。

さて、本当に文昌克氏が首相に任命されるか否か、これまでは韓国政府のトップ人事には全く関心がなかったが、これからの韓国首相人事は見逃せなくなったことだけは、間違いない。

守護霊インタビュー 朴槿惠韓国大統領 なぜ、私は「反日」なのか




WiLL (ウィル) 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥800から
(2014/6/13 19:52時点)




感想やお気づきのこと、ご意見等、ございましたらコメントをお願いします。できれば、下のクリックもお願いしま~す。
クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都府情報へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。