夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日教組撲滅委員会

2010.03.21 (Sun)

1970年頃から校舎の建て替えと同時に消えていったものがある。それが二宮尊徳の像である。消えていった理由が面白い。子供達がこの格好をして、道を歩いたりすると危険だということ、また、二宮尊徳がこうした格好をして学問をしていたという記録がないということらしい。

「地獄への道は善意で舗装されている」というのが西洋の諺であるが、全くその通りではないか。教師が一言、「こうしたこと真似して歩かないように」と釘を刺せばいいのであって、真似て事故にあってはいけないというのは、教師の側の自己保身であり、責任逃れ、言い訳である。もっと、それ以上にこの像には恨みでもあるのではないかと勘ぐってみたくなる。

二宮尊徳像 

そんなことを考えてインターネットの検索エンジンを走らせてみると、ある一言が出てきた。二宮尊徳、「近代日本の資本主義精神の父」という言葉を発見した。なるほど、そういうことか!

分かったぞ!なぜ、学校からこの銅像(石像)が消えたのかが。

「苦勉励し、努力によって道を開いてゆく」という思想への嫌悪感。自分たちが日教組という怠け者の集まりに所属している事への罪悪感。子供が努力している姿を見ると自分たちがみすぼらしく見えてしまうことへの贖罪意識。加えて90年代から主流派になってきた「ゆとり教育」というイデオロギーと外れる姿。ましてや近代日本の資本主義精神の父などということを聞けば、その存在を許せるはずも無かろう。

ということは、この逆をやれば、日教組は滅ぶのではないか?

その旗頭、錦の御旗に「二宮尊徳像」を全国の小中学校に建立し、設置させるのだ。そうすることによって、日教組に加わる教員達の存在意義がなくなり、自己弁護と自己嫌悪から自壊して行くに違いない。

どこかの県とか市とかで一斉に取り組んでみては下さらないかなぁ。絶対に、子供達への影響力抜群、教員達にも効果抜群!それはまるで、悪魔への十字架的な存在となるのではないだろうか?一度、お試しあれ!

 

クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

(「幸福実現党 植松みつお」ブログより転載)1970年頃から校舎の建て替えと同時に消えていったものがある。それが二宮尊徳の像である。消えていった理由が面白い。子供達がこの格好をして、道を歩いたりすると危険だということ、また、二宮尊徳がこうした格好をして...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。