夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍首相への提言!アベノミクスの成功は、オバマ米大統領の庇護下から自立し、プーチン露大統領と親密な関係を結ぶことから始まる

2014.05.25 (Sun)
北方領土で妥協可能 プーチン大統領、交渉継続表明産経ニュース 2014.5.25 01:13

プーチン大統領

 ロシアのプーチン大統領は24日、共同通信など主要国の通信社代表と北西部サンクトペテルブルクで会見し、日本との北方領土問題について、柔道の「引き分け」の精神を貫けば、双方の妥協による解決は可能との見解を示した。

 プーチン氏は、ウクライナ情勢をめぐって日本が対ロ制裁を発動したことについて「驚いた」と不快感を表明。日本が「交渉のプロセスを止めた」と指摘する一方、ロシアには交渉の用意があるとも述べた。

 米国主導の制裁に日本が同調した結果、日ロの領土交渉にも支障が生じたとの認識を明らかにしたとみられる。

 プーチン氏はまた、平和条約締結後の歯舞、色丹2島の引き渡しを明記した1956年の日ソ共同宣言には両島の主権がどの国に属するか明記されていないと指摘、「それは交渉の対象だ」と述べた。(共同)

※日本人の中には、アメリカは善で、ロシア(ソ連)は悪だという思考パターンが浸透しているように思う。それも、年齢が上がれば上がるほど、その傾向は顕著だ。その理由は、大東亜戦争に由来している。1945年4月5日に不可侵条約の更新を破棄し、8月8日は満州へ、9日は樺太に攻め込み、多くの非戦闘員であった日本人を殺傷、強姦、等、非道の限りを尽くしたことは、国際法上、許されざるべき事実である。加えて、日本兵等約60万人をシベリアに抑留し、かつまた、敗戦の代償として、樺太を返還したにも関わらず、父祖伝来後千島列島も勝手に占領した。特に、北方四島は、日本人が多数住んでいた地域であったこともあり、条約を破って勝手に財産を奪取したソ連(ロシア)憎しという方が大勢いることは容易に理解できる。

 しかし、時は流れ、人も国も時代も変わってきている。事実、「チェンジ」の時代への旗振り役として颯爽と登場したオバマ大統領は、2009年に「核なき社会へむけた国際社会への働きかけ」を評価してノーベル平和賞を受賞した。ところが、ノーベル平和賞に沿うだけの実績は全くなく、ノルウェーの財団がアメリカに戦争をこれ以上して欲しくないとの考えからオバマ大統領に渡したという声もある。その実態としてのイラクやアフガン侵攻に対しての指導力の無さは涙モノであり、極東事情に対しての無知さは、本当にハーバード大学を出たのか、と思いたくなるくらいの無教養だ。さらに、判断力のなさは歴代大統領のなかでもピカイチで、これまで史上最低の大統領だったといわれるカーター氏を凌ぐ勢いだ。例えば、2009年の北朝鮮によるミサイル(飛翔体とNHKは言ったが)攻撃に対しての判断、直近では、シリア大統領に対しての判断、韓国従軍慰安婦に対しての判断、全てが無見識で無能で無力だ。これでは、嫁さんの尻に敷かれるのもよくわかる。他でも、先月25日には、麻生太郎副総理兼財務相をして、閣議後会見で、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉は、「国内でオバマ大統領が全部まとめきれるほどの力はないだろう」と語られたくらいだ。晩餐会のスピーチで「私たちは共にいる」と仰られたが、世界を混乱に導く疫病神とは、「共にいたくない」と言わなければならない。

オバマ無能役

 それに比べて、プーチン大統領の指導力は黒帯(柔道も黒帯の8段の実力)で、筋金入りだ。2011年7月8日チェチェン共和国でのTV紹介では、こう言っている。ウラジーミル・プーチン首相(大統領)は、旧ソビエト連邦崩壊にともなう混乱期のロシアに神が遣わした人物だ――と。(AFP)プーチン大統領の日本贔屓も筋金入りで、昨年五月、安倍首相との会談でもこう言っている。「実は、日本のことは結構好きなんだ」。プーチン大統領は会談後、首相の耳もとでささやき、 「日本に行くのが本当に楽しみだ」と続けたという。
 また、過去、日本が東日本大震災に見舞われた際に、東方日報の論評では「尖閣諸島奪取」を憚りもなく公言するような善良な諸国民の中にあって、プーチン大統領は、「クリール諸島(千島列島)の四島を今すぐ、無条件で日本に返さなければならない」―【モスクワ共同ロシア大衆紙モスコフスキー・コムソモーレツ】と主張しておられるくらい紳士的な方なのだ。ロシア&プーチン大統領への認識を新たにすべきだ。この辺りは、以下の『プーチン大統領の新・守護霊メッセージ』に詳しいので、必読をお勧めしたい。

プーチン8段
 
 ただ、外務省が2004年に調査したところによると、ロシアに『親しみを感じる』日本人は、わずか10%しかなく、ロシア人の日本に対して『親しみを感じる』と答える人は40%もあるという。本当に近くて近い国にしてくのは、韓国よりもロシアかもしれない。韓国には資源は無く、最近の従軍慰安婦問題を見れば、国交を深めても得られるメリットは少ない。ロシアには石油から天然ガスなどのエネルギー資源だけでなく、鉄鉱石・金・銅・ニッケル・水銀・アルミニウム等の鉱物資源があり、魚介類の水産資源も豊富だ。これから先、相当に日本にとって有力なパートナーとなりうる国である。
 
 そこで、安倍首相に提言したいことは、「戦後レジームからの脱却」を標榜するのならば、戦後の敗戦史観だけでなく、善悪の価値観をも変えないといけないということだ。それは、「米国は味方、ソ連(ロシア)は敵」という考え方であり、台湾を手切れにして「日中国交回復したことは良かったのか」という観点だ。今、緩やかに「米・中・韓同盟」が結ばれようとしている現実を受け入れるならば、それは、朴惠槿大統領という節操も礼節も存在しない大統領の登場により、朝鮮半島の有事、日米同盟の亀裂、日中友好条約に陰りが見えてきたしまった。「雌鶏歌えば(国)家が滅ぶ」の故事通りとなりつつある。

 そうであるならば、安倍首相には、アベドクトリンという明確な未来ビジョンを持って、朝鮮半島や台湾に対して、前宗主国としての責任感と指導力を持って臨み、国内においては大東亜戦争の意味と意義を国民に周知させつつ、東京裁判史観(自虐史観)に決別させなければならない。そのためにも「河野談話」「村山談話」の永久破棄を国内外に徹底させることが先決である。その上で、ロシアとの緊密な関係を結ぶことが、日本の次なる繁栄への第一歩となると想定できる。今年秋に来日されるプーチン大統領によって、北方四島の返還とサハリン、シベリアの資源開発、リニアによるシベリア鉄道、港湾インフラ整備も含めた日露協商条約締結によって、脱アメリカと中国包囲網を敷くことができるのだ。これは、アジアの安定のためにも必要不可欠の一手であると思う。どうか以上の試案として、アベドクトリンを形成し、自民党内にある左翼史観を一掃することも「戦後レジーム」からの脱却となるだろう。

リニアを京都へ

ここ国際宗教都市・京都から、政都・東京、北海道・札幌を経て、ウラジオから一気に国際的文化芸術都市・モスクワへ。

プーチン大統領の新・守護霊メッセージ




政治の代償

新品価格
¥2,808から
(2014/5/25 18:24時点)




プーチン 最後の聖戦 ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは?

新品価格
¥1,728から
(2014/5/25 18:20時点)





クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都府情報へ

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。