夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画「美味しんぼ」の鼻血シーン 風評被害を助長すると地元からクレームに原作者は?!

2014.05.11 (Sun)
「美味しんぼ」福島県反論へ  読売新聞 2014年5月10日朝刊14版

ビックコミ 美味しんぼ 鼻血 

漫画「美味しんぼ」で、福島県内を取材した主人公・山岡が鼻血を出す(これは、白血病に罹ったという意味か?!)などの表現があった件について、福島県は、今月12日に発売される「ビックコミックスピリッツ」の内容を確認した上で、県のホームページ上で、漫画の内容に反論する見解を発表する方針を決めた。

これに対して、原作者の雁屋氏の言葉は次の通り。

「反論は、最後の回まで,お待ち下さい」
「美味しんぼ 福島の真実篇」、その22で、鼻血について書いたところ、色々なところで取り上げられてスピリッツ編集部に寄れば、「大騒ぎになっている」そうである。私は鼻血について書く時に、当然ある程度の反発は折り込み済みだったが、ここまで騒ぎになるとは思わなかった。

で、ここで、私は批判している人たちに反論するべきなのだが、「美味しんぼ」福島篇は、まだ、その23,その24と続く。その23、特にその24ではもっとはっきりとしたことを言っているので、鼻血ごときで騒いでいる人たちは、発狂するかも知れない。
今まで私に好意的だった人も、背を向けるかも知れない。私は自分が福島を2年かけて取材をして、しっかりとすくい取った真実をありのままに書くことがどうして批判されなければならないのか分からない。
真実には目をつぶり、誰かさんたちに都合の良い嘘を書けというのだろうか。

「福島は安全」「福島は大丈夫」「福島の復興は前進している」などと書けばみんな喜んだのかも知れない。
今度の「美味しんぼ」の副題は「福島の真実」である。
私は真実しか書けない。自己欺瞞は私の一番嫌う物である。

きれい事、耳にあたりの良い言葉を読み、聞きたければ、他のメディアでいくらでも流されている。
今の日本の社会は「自分たちに不都合な真実を嫌い」「心地の良い嘘を求める」空気に包まれている。
「美味しんぼ」が気にいらなければ、そのような「心地の良い」話を読むことをおすすめする。

本格的な反論は、その24が、発行されてからにする。(以上 5月4日付け本人ホームページより)

原作者・雁屋氏には全く、謝罪、訂正などのコメントはない。逆に、まるで「これが現実だ!これこそが真実だ!」と言わんばかりの正義感に満ちた気迫を感じる。もし、そうでなければ、話題になったことをほくそ笑んで、「更にすごい内容の漫画を出すから待っていろ!」とばかりの横暴さ、横柄さを感じる。『美味しんぼ』を独身の頃から30年近く見てきた私としては、恐らく、前者であることを信じたい。

ただ、まるで爆弾予告をする犯人か何かのように、次回、次々回の内容の過激さを予告するやり方は、余り気分のいいものではない。(悪しき重商主義のようだ!)確かに、福島の復興が遅れているのは、自民党政府の責任だし、さらに言えば、福島原発事故は、民主党政権の時の負の遺産だ。これをこそマスコミは追求し、国民に開示すべきではないのか!(実際は、残念ながらできっこない。民主党政権を作ったのは、実は朝日を中心としたマスコミだからだ。)

福島県の被災地の方々のことを思えば、個人としての腹立たしさはあるだろうが、菅直人元首相や民主党政権のように東電や原発だけにその責任を押し付けていいのか?風評被害を起こして福島県産の農産物の不買運動を助長させたマスコミに責任はないのか?多くの読者を持つ「美味しんぼ」のファンに対して、表現者としての雁屋氏にもその一端を担うことだってできたはずだ。

なんで今頃?という感じがして仕方がない。
まさか、これ(☚クリック)とかこれ(☚クリック)が元に軌を一にしていないだろうか?

雁屋氏の真意は最後に確認するとして、もし、原発への嫌悪感だけで作画したのならば、単なる煽動家であり、反戦、反日の活動家と何ら変わらないではないか?その意図を今まで隠して30年も「美味しんぼ」を書き続けてきたのか?と訝ってしまう。

もしも原発問題だけでエキセントリックになっているならば、雁屋哲氏には是非とも、映画『パンドラの約束』を見てもらったほうがいいように思う。

パンドラの約束

ビッグコミック スピリッツ 2014年 5/19号 [雑誌]

中古価格
¥1,299から
(2014/5/10 17:59時点)




美味しんぼ (1) (ビッグコミックス)

新品価格
¥524から
(2014/5/10 18:00時点)




美味しんぼ(110) (ビッグコミックス)


関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。