夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大事なことは、マナーではなく、マターである!

2014.04.10 (Thu)
昨日の小保方晴子さんへの記者会見の中で、月刊The Libertyの山下氏が質問した内容で、小保方さんの志と人柄が帰るので、引用し、紹介したい。



小保方さんの言葉にもあったように、「研究以外のところに注目がいっている」というより、「行き過ぎている」ようには見えないだろうか?

STAP細胞を再現できるか否かは、小保方さんの頭の中にあるのであって、再現できる静かな環境と最低でも1年くらいの時間を提供すれば分かるだけではないのか?

そうなる前に、研究者としての小保方晴子氏を抹殺しようとしている圧力があることだけは、事実だと思われる。

例えば、STAP細胞が発見されたことで消え去る運命にあるiPS細胞に関わる者たちの存在とか、ひと儲けしたいと考えていた企業とか、大学教授とか・・・。

ただ、本来、組織として守るべき立場にある理研も早稲田大学も、この優秀な研究者を守ってあげようとしていないことも容易に想像できる。

なぁんかさぁ、若い理系女が発見した大スクープに嫉妬する中高年理系男子の醜さを露呈した科学者たちの現実、もっと言えば、「これが日本のサイエンス・アカデミーの現状か!」と情けなく見えるのは、私だけだろうか?

日本の生物科学学会の先駆者として、学会を変革するであろう小保方さんには、「人生は短く、術のみちは長い "ο βιος βραχυς , η δε τεχνη μακρα"」 と言う有名なヒポクラテスの言葉を胸に秘め、既得権益に負けないで、是非とも頑張って頂きたい。
ヒポクラテス
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。