夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何が核の密約じゃ!それがどうした?

2010.03.09 (Tue)

かつて核の三原則に反して「核の密約」があったということがTVで取り上げられているが、「それがどうした!」という感じだ。過去の話をぶり返したところで国民に対して一体何のメリットがあるのだろうか?

「核兵器を持たず、つくらず、持ち込ませず」の非核三原則を提唱した佐藤栄作元首相が、69年の沖縄返還交渉の際に「『持ち込ませず』は誤りであったと反省している」と、外務省幹部との会議で発言していたことが、9日公開の外交文書で分かった。沖縄の「核抜き・本土並み」返還を目指した交渉は、核抑止力を維持する観点から米側が難色を示して難航。さらに佐藤氏は非核三原則を悔やみ、「(日本は平和憲法の制約で)不完全武装だからどうすべきかと言うことを、もっと明らかにすべきであろう。この苦労は首相になってみないとわからない」と苦渋をにじませた。(以上、毎日jpより)

その当時は、正しいと思って行ったり、言ったりしたことが、後々に手かせ、足かせになってしまうことがある。しかし、その当時の状態(アメリカのポチとなっていた政権に対して、国民感情との板挟みの中で、苦渋の選択であったことが思い浮かばれる。現在から過去を裁くことは簡単だ。平野官房長官の様に。これに対して安倍晋三元首相の発言はこうだ。

自民党の安倍晋三元首相は9日、外務省の有識者委員会が日米間の「密約」を指摘した報告書を提出したことついて「いわゆる核の密約についての申し渡しは前任者(小泉純一郎元首相)からなかった」と述べ、首相在任期間中に密約の存在は知らされなかったとした。国会内で記者団の質問に答えた。 鳩山政権が密約調査をしたことについては「当時は冷戦時代で指導者が日本を守るために判断した。秘密を暴露して、過去にそういう判断をした人たちを非難するのではなく、今後、日本の安全に資する形で考えていくべきだ」と述べた。(以上、産経新聞ニュースより)

ましてや、中国のように、内政干渉までしないで頂きたい。

 【北京共同】中国は日本の外務省有識者委員会が行った調査で「核持ち込み」など日米間の密約の存在が認定されたことについて「内容は冷戦期のことだ。歴史的事実として価値がある」として冷静に受け止めている。「政権交代があったからこそ、密約の存在が裏付けられた」として、民主党政権下の密約調査を評価する声もある。

こうした事実が判明したことに対して、「うそつき」呼ばわりしている中国国際問題研究所の晋林波研究員というものがいる。それを言うならば、「南京大虐殺」問題など全くの言いがかりであり、「うそつき」そのものではないか!当時、人口20万人しかいなかった南京に30万人以上の死者が出る訳がないことを言っておきたい。

ここで、こうした過去のことに対しての対処法として、とてもよい考え方がある。紹介したい。大川隆法総裁先生の『理想国家日本の条件』という書籍の第4章の中に、こうある。「後追いで理屈をつけるのは簡単なことです。その時点でどう判断するかと言うことは、やはり、他人の評価などにあまり頼ってはいけないのです。過去は過去であり、その過去について愚痴っても仕方ないのです。「現在ただいまから先をどうするのか」・・・いつもこの発想が大事なのです」と。

私たちは、過去に生きる者ではない。未来に向かって生きていく者であり、過去は教訓にし、現在から未来に対しては、思いの力と行動によって人生をこぎ渡っていくしかない存在である。

故に、我々国民の立場からしてみれば、過去の「核の持ち込み」なんて、どうでもよいことだ。民主党よ、過去のことをちまちま探し出している暇はないぞ。もっと未来に向かっての政策提言をせよ。国民の求めていることは、あなた方のキャッチ通り「生活が第一」だ。決して、「自民党の過去の罪」なんか調べて暴くことなんかじゃない。もっと政治家としての仕事を真剣に取り組み、やるべきことの「幹と枝葉」を間違えないようにして頂きたいものだ。


クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

核の密約なんて誰でも知っていたのにねぇ。そのおかげで、日本の平和を維持できたかもしれないのに。いまさら何を。民主党は国民の関心を政策問題から逸らすために必死だね。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。