夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日本の再建に向けて】 民主党が一番にやるべきは、東電原発事故処理もあるが、震災後の復興だ!幹と枝葉を間違えるな!

2011.03.24 (Thu)
自民・伊吹氏「2つのことを同時にできないならリーダーになるな
2011.3.24 18:52 【産経ニュース】

 菅直人首相ら政府の震災への対応が遅れている。目先の緊急課題の福島原発事故に注力され続けているからだ。これはマスコミによるワンパターンで未熟な報道姿勢に問題があるのだ。原発事故は、かつて原爆被害を受けたお国柄だけに、ナーバスになる傾向がある。しかし、健康上に問題はないレベルの話なのだ。それよりも今は原発の安全性を語ることが重要なのではない。それこそ不毛な環境左翼の活動家らに活動の場を与えて、被災地の復興と発展を阻害することになってしまう。

 それよりも先に復興後の経済をどう立て直すか。こちらの方が大切だ。今、被災者らのことを考えれば、防災面と流通面を考えた交通網の整備が必要なのだ。マスコミと同様に、役所に任せていては後手後手になってしまう。かつて、ヤマト運輸が成功したように、マスコミを動かして監督省庁を邪魔立て出来なくし、民活でもって物流を整える事業を民間主導でさせてみたらどうだろうか?それは当然、官僚らは補佐する形にさせて事業化し、自衛隊や建設関係、土木会社などともリンクさせて新しい道路なども作らせ、公共事業の面からも政府が後押ししていくようにしないといけない。

 例えば、原発事故で海水を入れているが、日本には栗田工業東洋紡東レ、などのように、海水を真水に変える技術を持った企業がたくさんある。必要ならば、そうした技術をもった企業をどんどん参入させて、海水ばかりいつまでも炉心に掛けていないで、ろ過した真水を掛けるようにしたらどうか?こうした企業を出すことによって、海外にも海水真水プラントや技術力を売っていくことができる。注目されている今だからこそ、ピンチをチャンスに変える逆転の発想をしないといけない。

 また、海外では日本製品の不買運動に加速しそうな勢いもある。これらに対しても外務大臣や大使などを使って日本国製品の安全性を訴え、菅首相と枝野官房長官に放射能漏れでも安全だという福島県と茨城県産のほうれん草などの野菜を食べてみせたらいいんだ。

kaiware

 政治家をやる以上、命は国民に差し出したものだ。特に「命を守りたい」と何度も何度も国会の施政方針演説で言った民主党の鳩山議員は自らの言葉に責任を取る姿勢を取らないといけないのではないか?




クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ



関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。