夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうそろそろ目覚めようよ、小鳩劇場は終わりだ。

2010.01.26 (Tue)

 その昔、フランケンシュタイン博士という科学者が人間の死体のパーツを集め、ひとつの怪物を作り上げた。言わずとしれた怪物フランケンシュタインである。ある時、その怪物は制御不能となり、博士の抑止を振り切り、町へと飛び出てしまう。その後、町に住む人たちは恐怖の日々を送ることとなってしまうのだ・・・。

 今、よく似た現象が日本に起こっている。それが民主党という怪物フランケンシュタイン政党である。様々な主義主張、不満分子の集まり、欲と金と利権の集合体、保守としての責任を放棄した政治屋の集まり、そのように見えて仕方がない。その生みの親は誰だ?言わずとしれたマスコミ人である。マスコミ界の中でも良識のある人たちではなく、かつて左翼革命をしたかった人たち、保守政治に対しての嫌悪から反米親ソ(今は親中)を推し進めたかったエセユートピア思想の集まり、若いときに出来なかった夢(学生運動や組合活動からの国家転覆)を実現させたかった人たちの集合体、などによって推し進められたものだ。それは、情報をコントロールし、メディアを通して正しい情報を伝えず、民主党が政権を取ればよくなるように見せかけ、幻影を見せて、一部有名な司会者などを活用して、308議席を築き上げたのだ。しかし、フランケンシュタイン政党を作りはしたが、やはり、「歴史は繰り返す」だ。親の言うことを聞かない。制御不能の怪物となろうとしている。

 私はかつて製薬会社に勤めていたときに、飲料コマーシャルをやっていた同僚に聞いたことがある。どの程度CMを流したら、視聴率に応じて売れる本数が見えてくるということを。それで発売初年度1億本を突破した商品を90年代に出した。既に20年も前の話だ。今はそのマーケティング技術も十分発達してることだろう。

 ということは、もう既に、マスコミの中には、どの程度の番組を組み、情報を流し、どの程度の視聴率を取っていれば、あとは回数をどの程度打てば、議席をどの程度獲得できるという公式があるのではないか?知らぬは国民ばかりなり。これを情報コントロール、マスコミによる専政と言わずして何というのか?どの政党に勝たせるか?何議席ほど取らせるかは、選挙当日にならずとも議席が見えてくるって算段だ。そう考えると改選前に「民主党300議席確定!」と書いていたのもあながち空理空論ではなかったことが分かる。

 しかし、その政党が正しい政治ができるかどうか、国民を正しく導けるかどうか、国民が難儀する、国難政治をしてしまうかどうかまでは残念ながら見えなかった。今回の民主党がこうも体たらくで、古き金権政治と独裁政治の復活であって、まさか経済政策は全くの素人集団だったとは知らなかったのだろう?(敢えてマスコミを擁護すれば)

 今、フランケンシュタイン博士であるマスコミ人にできることは、不良の怪物フランケンシュタインを片付けることが一番の責務ではないか?少しは常識として、PL法という製造者に責任を取らせる法律があることを知っているだろう?マスコミ人に良心というものがあるならば、ここは勇気を持って製造者責任を取るべきである。もうこれ以上、国際社会から信頼おけない国と軽蔑されるような約束を守れないおぼっちゃま首相は国益にそぐわないのでお引き取り願うこと。自分の私腹を肥やすことにご熱心な政界不動産王と呼ばれる幹事長にはビジネス界にでも移行して頂いてもらうこと。憲法違反である永住外国人参政権の法案提出を今日呼応しようとする政治家には、国民の利益に反するのでお引き取り願うこと。90年代から推し進めたゆとり教育によって子供達の学力低下を招いた元凶の組合責任者には子供達に謝罪をさせ、政界から引退を勧告すべきである。

 もう、お遊戯は終わり、小鳩劇場はお仕舞いだ。

 ふと、今回の騒ぎの中心であるマスコミ人が若い頃に流行っていた歌を思い出した。

クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。