夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【広島市長退任!!】 まずは「勇退」に敬意を表したい!その実態は?次の「衆議院選挙」を見通した一手でしょう?!

2011.01.06 (Thu)
「ユーチューブ」だけ、秋葉・広島市長が退任説明 会見は拒否に批判の声も…
 2011.1.6 12:16 【産経ニュース】

 今年の地方選挙の目玉とも言える広島市長選(3月27日告示)に秋葉忠利市長(68)が出馬せず、今期限りで退任する意向を表明した。それも記者会見より先にインターネットのYoutubeに投稿していたのだ。その一部が以下の動画である。



 実際の映像は15分あるものだった。その中で、スーツ姿で現れた秋葉市長が退任を決めた心境については、正月休みに家族で箱根駅伝をテレビ観戦したことにふれ「たすきをつなぐ大切さが心に響いた。次の選手につなぐことですばらしい成果があがる。これが潮時かと、目からうろこが落ちる感覚だった」と説明し、「若く想像力に満ち溢れた方に、タスキを受け継いでもらいたい」と語った。秋葉市長は市政記者クラブの会見要請は拒否しており、市民からは「ネットを見られない人への説明責任を果たしていない」と批判の声が上がっている。実際に退任を表明したのは今月4日の市の仕事始め式。式後は報道各社の質問に答えないまま会場を後にした。(原文・産経ニュースより)
 
 広島市民ではないので、直接的にはとやかく言う立場にはないが、それでも広島市は広島県の中核都市。だから、広島市の政策や行政、市長判断等が地場産業や経済全般、市民生活に与える影響は少なからず、大きなものがある。その判断価値が広島県の経済や雇用、生活にも間接的に響いてくるだけに、その方向性はとても重要だ。

 それだけに広島県民として言わせてもらえば、これまでの秋葉広島市長の言動には毀誉褒貶が多く、本当に広島市民のために市政をやっているのか、自分の自己アピールのためにやっているのか、よく分からない市長だった。その一つが「核廃絶」に対しての秋葉市長の言動だ。その活動を通して通じて、マグサイサイ賞を授与されているものの、その発言は、米国の核を強く否定する発言牙多く、中国や北朝鮮、ロシアの核については触れていない。また、元自衛隊航空幕僚長、田母神俊雄さんの広島講演を邪魔したりもしていた。その時の経緯をサクラチャンネルから痛烈に批判されたものが以下の映像だ。




 また、広島市の復興のシンボルとも言える広島市民球場の処遇に対しても、市民からは「旧広島市民球場跡地」の存続の声もあったにも拘わらず、現在のものに決めたようだ。また、代替案を募集し、市民からプランを提出されても、「該当無し」という形で、現行のものに決めたのだ。現実的に、広島市の財政も厳しにも拘わらず、市民たちの声を振り切って現行のものにした秋葉市長。本来ならば、市民に対してその当たりの決定の要因等をしっかりと示すべきであったはずだ。説明責任を果たさないまま断行するあたりは、独裁的手法と批判されても仕方ないのではないか?

 もともと、秋葉市長はマスコミ関係者(元CNNキャスター)だった。また、元社会党衆議院議員でもあった。そうした保守としての国政を預かるには一定の疑問を持たれていた方だった。そんな人を広島市民は当選させた。その支持者層も所謂市民グループ、日教組系、組合系の支持母体の上に胡坐をかいている方だっただけに、地方レベルとは言え、その経営能力には一定の疑いがあった。その点で見れば、国家的にも「左翼系の嘘つき政治」が終わろうとしている。そうした潮流の中で「出処進退は自らが決める」のが政治家だ。だから、時期的には、丁度良かったのではないか?

 退任理由は様々に憶測されているが、表向きは「後進に道を譲る」というものだ。穿った見方で裏側から見れば、広島市民球場での「お別れイベント」にて広島市民球場解体に腹を立てた男性からボールをぶつけられて、政治的判断の怖さが少しは分かったからではないか?

秋葉市長暴行事件
 
 かつては社会党の党首選にも出たことのある秋葉市長。そうした経緯があるだけに、上昇志向は相当のものがある方だ。ゆえに、実際の本心中の本心は、次の国政選挙で民主党から出馬する予定なのではないかな?! まぁ、広島県民から見れたら、お騒がせな人だった。


クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ




関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。