夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【菅内閣・年頭所感に思う】「開国元年」「最小不幸社会」「不条理をただす政治」、こんなんで日本が良くなるのか?

2011.01.05 (Wed)
 菅首相の年頭所感には驚いた。菅首相が目指す国の在り方を示された。それが「開国元年」、「最小不幸社会」、「不条理をただす政治」なんだそうだ。
 なんとこんまい国の在り方ではあるまいか!今、日本に必要なのは「経済力」を大きくすることだ。

 「開国元年」は、TPPに参加し、農業を保護主義による家内産業から自由化によって輸出産業に育てようという話だけでないことを望みたい。TPPは、弱小農家の切り捨てと言われるかもしれないが、日本の農業だけでなく産業全体の未来には必要不可欠な一手になると思う。これはある意味、評価できる。「開国元年」は様々に考えられる。農業問題だけではなく、移民問題もあるだろうし、領土問題もある。それこそ「憲法改正」にも関わる問題となるかもしれない。奥は深い。

 「最少不幸社会」は、バラマキによる富の再分配政治=増税国家=国家社会主義のこと。国民を不幸にしようという計画だ。これはいかん!国民へのセーフティネットは必要だが、あまりにもバーが低いのでは面白みがない。やる気がなくなる。やはり、努力する者が成功する社会を支援するのが国家であり、規制を緩和し、国民のやる気を喚起する方が国は元気になる。国民の自由を統制し、最少不幸社会などという悪平等社会を作ろうというのでは、かつてあったナチス(国家社会主義労働党)の理念そのもので怖い!どうせ言うならば「最大多数の最大幸福」をこそ国家は国民に訴えるべきではないのか?器の小ささを感じてならない。

 「不条理をただす政治」は、単なる小沢斬りのことしか考えていないのでは情けない。もしそうなら単なる私闘であり、かつての自民党と同じである。「不条理をただす」と言うなら、仙谷官房長官の処遇はどうするのだ?問責決議を出されながら、全く処断できない菅首相のリーダーシップの無さには驚く以上に呆れかえるばかりだ。首班指名された内閣総理大臣としての資質を疑う。閣僚の罷免権は内閣総理大臣にあることは自明の理だ。
 「不条理」というなら、鳩山由紀夫の「政治とカネ」の問題はどうなんだろう?母親から10億円を超える巨額な献金を受けながら、贈与税の脱税如きでお茶を濁したのでは、国民は全く納得していない。金持ちによる政治の専横を止めるために、政治資金規制法が制定されたはずなのに、鳩山前首相のような人が民主党に居ては、民主主義の時代に逆行しているとは言えないか。市民活動家を自負する菅首相よ、「本来の立場を守り、鳩山前首相を断罪せよ!」と言いたいくらいだ。

 それ以外にも小物かもしれないが、滋賀3区選出の三日月大造議員はJRからの献金疑惑があった。大企業、特に組合活動と政治の癒着はそろそろ終わりにして欲しい。連合のような大規模の組合組織があれば政治を壟断できることを意味する。これはとても危険だ。もう日本においては、住友家や岩崎家、三井家といった大資本家などが政治を欲しいままにしたなんていうことはない。逆に大資本家がいた方が国家のために私財(税金を含めて)を差し出してくれている。問題なのはその逆だ。働けるのに働きもしないで国家にぶら下がる人たちの存在や永住外国人の問題をどうにかしないといけない。組合活動などは前近代の問題だ。村社会の問題も過去の問題。カネが国家から降りるから続いていただけだったことが分かっている。そうしたプレッシャーグループの存在が日本の未来に手枷足枷をかけている。

 政治と組合活動の不条理問題で中心的な存在が日教組だ。輿石東議員の山教組からの政治資金問題はどうなったのか?加えて、日教組そのものが不条理な存在だ。子供の未来と自分たちの立場とを天秤にかけ、自分たちの立場に重きを置くのが奴らだ。政治活動を禁じているにもかかわらず、政治献金問題は後を絶たない。不条理を糺すなら一番にやらなければ日本の未来はない。教育は国家100年の計だ。子供たちの未来のためにも日教組は解散させるべきだ。それが菅首相にできたら平成の名宰相として名が残るだろう。

 マスコミと政治の不条理の問題もある。マスメディアに出て、有名になったらそれだけで国会議員になれる可能性が高い。スポーツ選手などがそうだし、ニュースキャスターなどの放送関係者などはとくにそうだ。その点で問題になったのが蓮舫議員の国会議事堂内での私的広報活動はどうなのか?「VOGUE NIPPON」11月号で、6ページにわたるインタビュー記事がそれだ。彼女にできるなら自民党の三原議員にだって取材と称して国会議事堂内での写真を撮らせて、自民党の広報活動ができるということになる。マスコミ出身者にはなぜか突っ込みが甘いのがメディア関係者たちだ。

 自分たちが国民と公約として発表したをいとも簡単に反故にする民主党政治。「国民第一主義」だって「嘘」「虚言」として国民には受け止められている。国民は国民でも中国国民だったり、韓国国民第一主義というのでは、日本人としてやっていられない。どうか嘘のない政治をやって頂きたいものだ。

クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ



関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。