夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【同志諸君!】 仙谷氏続投なら「3月に解散か総辞職!」でいくか、小沢氏国会招致拒否なら「離党勧告か辞職勧告!」までいけるか?大きな山場だ!

2010.12.15 (Wed)
民主幹部、仙谷氏続投なら「3月に解散か総辞職だ」「岡田氏は総スカンだ」
2010.12.15 12:52 【産経ニュース】

 岡田幹事長VS小沢元幹事長、さあ、どういう結末になるのだろうか?新進党の時代から続く確執が顕在化してきたという人もいる。民主党政権の作り主、小沢一郎氏の着地目標は、仙谷氏の首を差し出さないと、3月には解散か総選挙だと脅し、だらしない執行部を交代させ、国民からの支持率(実は、多くの場合、マスコミの作り数字だが・・・)を上げさせれば、新しい顔で残りの3年間を、闇将軍として暗躍し、政権の延命策を取ることだ。「小沢は出て新党を作ったらいいのに」という声もちらほらあるが、3年間は国民から許された期間であるとして、継続の意思さえあれば権力にしがみつけるのだから、無理してまで自ら離党し、(自らが作った)政党助成金184億円を捨てるバカもいないだろう。

 そうなると面白くないのは「脱小沢」と公言して憚らない仙谷官房長官や菅首相、岡田幹事長らだ。小沢一郎氏を晒し首にすることで、自民党からの「問責決議」攻撃をかわし、マスコミが得意とする『政治とカネ』から離れた「自浄作用」のある政党というイメージアップを図りれる。そして、通常国会を乗り切れば、民主党政権の延命ができると計算しているのだ。事実、菅首相は「支持率1%になっても辞めない」と公言して憚らないくらいだから、一度手にした権力は手放したくないのだろう。

 ここでは、国民は蚊帳の外。最早、本当の国民の幸福を願った政治ではなく単なる政争、自分たちの生活の為の政局しか見えて来ない。そうなると、菅首相の言うところの最小不幸社会しか見えてこない。

 本来、正当な政治家は、国民の幸福、国家の繁栄と世界平和をこそ願うべきものである。そのための政策論争や危機管理案件の解決をこそ国会の場で、丁々発止の駆け引きをするべきであって、あくまでもそれは、国民の「最大多数の最大幸福」をこそ目指すべきではないのか?まったく、この日本には、主客転倒している政治家たちがごろごろしている。

 この点で、問責決議されて辞めない仙谷氏もどうかしてるが、小沢氏の国会招致に応えない小沢氏もどうかしている。本当に身が潔白だというのなら、小沢氏は正々堂々とどこにでも出て国民に話しをすればいいのだ。いつまでもこんな醜態を国民に晒す民主党は、本当に自己保身の塊、卑怯千万の政党だ!

 もうそろそろ、国民の最大多数の最大幸福を願う政党、正論を正々堂々と通す、幸福実現党に期待して頂きたいものだ。



 
クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ


関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。