夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎県知事選、民主党の風が止まる

2010.02.22 (Mon)

この日曜日にあった長崎県知事選挙、ここから明らかに風が変わってきたように感じる。

政治とカネの関わりについて、民主党への批判が自民に回ったのだ」とニュースや新聞では書かれたり、言われたりしているが、そんなことはない。

「もう国民は騙されない!」と言っているような気がする。

自民党も民主党も同じ穴のムジナ。

金権政治は、自民党の十八番じゃないですか?

だから、今回の民主党への批判は、明らかに政権能力に欠けること。政治家としての資質を問われる首相が居座って、嘘八百、口から出任せばかり。

民主党支援の橋本氏の辻立ちには、応援を送ったり、拍手をしたりしていていて、テレビ写りをよくしていたが、そんなのとんだ茶番劇。どうせ、三菱重工の社員(労組員)を動員して、ヤラセ応援をしていただけ。そんな見せかけの選挙活動なんかに誤魔化されませんよ。そんなこと、国民にはもう見破られてますよ、民主党支持の組合員とマスコミ関係の皆さん。

それを裏付けるかの如く、一方の自民党の中村氏の辻立ちには、人はまったくいなくて、閑散としていた。これで手応えなんか感じる訳がない。ところが、おおかた十万票からの差をつけて当選を果たした。当選した本人が驚いたんじゃないでしょうか?

前回の衆院選で「自民ではダメ」、だけで民主が選ばれた。マスコミの言論誘導で。ところが、この長崎県知事選では、民主への風をマスコミも吹かせられなかった。当然ですよ。国民は民主党の嘘に怒ってるんですから!

そこで、様子伺いで県民の意識に任せたら、「民主はダメ」という国民の意識で、浮動票は自民に戻ったのと大仁田氏に流れた、というのが実態ではなかろうか?

皆さんは、どう思われましたか?


クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。