夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【柳田法務大臣辞任】 管内閣の延命措置で終わらせてはならない。「問責ドミノ」劇場を「民主党政権瓦解」から「政界再編」まで持って行け!

2010.11.22 (Mon)
柳田法相、辞任へ 前日の続投宣言から一転 菅改造内閣では初の閣僚辞任
 2010.11.22 09:05 【産経ニュース】
 柳田稔法相は22日午前、首相官邸で菅直人首相、仙谷由人官房長官と会談し、自らの国会軽視発言の責任をとって辞任する意向を伝えた。首相は受け入れた。

 自民党など野党が22日中に柳田氏の不信任決議案と問責決議案を衆院と参院にそれぞれ提出し、参院では可決される公算が大きかった。平成22年度補正予算案の審議に影響を及ばさないため、辞任は避けられないと判断した。9月発足の菅改造内閣では初の閣僚辞任となる。
 柳田氏は首相と約20分会談した後、記者団に「後ほど」とだけ語った。

法相辞任】官邸で辞表を提出 後任は仙谷氏が兼任
2010.11.22 09:11 【産経ニュース】
 民主党幹部は22日午前、柳田稔法相が首相官邸で菅直人首相と会談した際、辞表を提出したことを明らかにした。後任は仙谷由人官房長官が兼務するという。

岡田氏、法相責任に言及 柳田氏は辞任否定 首相調整では結論出ず
 2010.11.21 23:53 【産経ニュース】
 菅直人首相は21日夜、国会を軽視する発言をしたとして野党から辞任を迫られている柳田稔法相に関し、首相公邸で仙谷由人官房長官、民主党の岡田克也幹事長、輿石東参院議員会長らと会談し、更迭をめぐる大詰めの調整を行った。
 終了後、輿石氏は記者団に「決まっていない」と述べた
別の会談出席者は、柳田氏更迭のタイミングを検討したことを認めたうえで、「(野党は)次から次へと(他の閣僚の)問責を出してくるだろうから、なかなか判断が付かない」と述べた。柳田氏以外にも問責決議案が次々と出される「問責ドミノ」を警戒したものだ。 

 岡田氏は21日午前のNHK番組で、柳田氏の発言について「適切でなかったのは事実だ。冗談半分で言ったのかもしれないが、それで済まされる問題ではない」と述べ、柳田氏の責任は免れないとの認識を示した

 自民党は22日夕に柳田氏の不信任決議案と問責決議案を衆院と参院にそれぞれ提出する。公明党やみんなの党なども共同提案に前向きで、社民党も両案に賛成する方針だ。両案とも24日採決で、野党が多数を占める参院では問責決議案が可決される見通しだ。
 柳田氏は21日午後、法務省内で記者団に対し「私が国会を軽視したとか答弁を拒否したとか、そういうことは一切ない。それ(野党の批判)は少々、違うのではないか。今後とも真(しん)摯(し)に、国会の答弁にがんばっていきたい」と強調した。


<同志諸君!>
 こうしてニュースを追っかけながらブログを書いていると、民主党の政治家、特に閣僚の皆さんの定見のなさがよく分かる。岡田幹事長の発言にしても、柳田法務大臣辞任に関して19日夜には、「本人も深く反省して、『誠心誠意、頑張りたい』と言っているので頑張ってもらいたい」と否定しておきながら、21日のNHKの番組の中では、引責すべし!と言及しているのだ。この発言をした段階で、厳重注意か、更迭人事かを決め打ちしていれば、こうした事態にはならなかっただろう。岡田幹事長の擁護発言の同日、渡部恒三元衆院副議長は記者団に「(問責決議案が可決されれば)辞めていただくしかない。その前に辞める選択もあるかもしれない」と自発的辞任に言及していた。流石に長老ともなると、空気がよく読めている。
 
さあ、これからが菅内閣当会に向けた、警戒されている文字通りの「問責ドミノ」劇場が開演されていくことだろう。しかし、これを単なる菅内閣の瓦解に終わらせてはならない、民主党政権を倒壊させ、政界再編に持っていかなければならないのだ。
 まだまだ、外堀を埋めに行ったくらいだ。心して掛からなければならない。


 クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ


関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。