夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【尖閣諸島】 なぞの中国漁業監視船、挑発行動を繰り返す。舐められた菅内閣、尖閣問題で再び再燃か?

2010.11.21 (Sun)
尖閣沖の中国漁業監視船、21日午前も立ち去らず
2010.11.21 11:35 【産経ニュース】
 20日朝に沖縄・尖閣諸島の魚釣島沖の接続水域(領海の外側約22キロ)内を航行しているのが確認された中国の漁業監視船2隻は21日午前11時現在も、周辺海域から立ち去らず、航行を続けている。日本の領海には侵入していないが、海上保安庁の航空機と巡視船が警戒に当たっている。

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、2隻は漁業監視船「漁政310」と「漁政201」。速度は約4~7ノットで、20日朝から丸1日かけて魚釣島と約27キロ北東にある久場島の周囲を1周し、さらに周回を続けている。

 同庁の航空機と巡視船は、領海に侵入しないよう無線などで警告を続けているという。
 2隻はいずれも中国農業省漁政局に所属。310は今月16日に就役したばかりで、最新鋭ヘリコプター2機が搭載できるほか、最新の通信システムも装備。中国国営新華社通信は「海洋や漁業の権益を防衛する新たな有力武器」と評している。

uomasa310

<同志諸君!一触即発、中国海軍からの駆逐艦張りの監視船が尖閣諸島にせり出してきた!>
 どうせ、社民党の福島みずほ党首や田嶋ようこ辺りがしゃしゃり出て来たら、どうせ「間違いが起こってはならないから、海保の船も出してはならない」などと言うのだろう。まさに国賊の面目躍如だ。
 しかし、見よ!中国海軍の改良版の監視船を!
 これが監視船か?これは監視船用に改造した駆逐艦ではないのか?
 中国国営放送によれば、中国農業省所属の漁業監視船、漁政310は、総トン数2,580トンの大型船で、ヘリコプター2機が搭載可能なほか、衛星通信システムなど最新の機器が装備されているという。
 「漁政201」と「漁政310」は、領海まで約360メートルの領海侵犯すれすれの地点へ急接近した後、急転回して接続水域内の周回を始めている。海上保安庁によると、2隻は領海線まで2~7キロの範囲で、領海線に近づいたり離れたりを繰り返す挑発的な航行をしているという
 実は、日本の海保が所持している大型巡視船でもヘリコプターを2機搭載できる船は、2隻しかない。
 下の写真は、海上自衛隊がソマリア沖に出した防空駆逐艦だ。排水量は流石に7000㌧あるが、見た目には中国政府の漁業監視船と変わらないように思うのだが・・・。
日本の駆逐艦

 中国政府は、いったい何をこの尖閣諸島沖で展開しようとしているのか?
 ひょっとすると、尖閣ビデオを公開しようとしている菅政府に対しての無言の圧力なのか?
 ここは、日本国政府として、中国監視船の挑発に対して、毅然たる態度で臨まなければならなくなるだろう。
 いよいよ、自衛隊、そしてアメリカ海兵隊が沖縄にあることが日本の海域、国益を守る最大の事由となっていることが、平和ボケした日本国民にも理解される日が来るといいのだが・・・。

 
クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ


関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。