夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【問責決議】 時代錯誤の菅内閣は、国民からの問責決議と総辞職勧告が必要だ!今更、全共闘世代の言葉とイメージ、政治家なんか要らない。

2010.11.19 (Fri)
蓮舫氏、地元支部の経費に議員会館のコピー代まで計上 国会申し合わせ違反か
 2010.11.19 09:00 【産経ニュース】
 蓮舫行政刷新担当相が代表を務め、所在地が東京都目黒区の自宅となっている「民主党東京都参議院選挙区第3総支部」の経費に、議員会館の蓮舫氏事務所のコピー機リース代などの支出が計上されていることが19日、東京都選挙管理委員会が公表した平成21年分の政治資金収支報告書で分かった。

 政党支部の機能を議員会館に置いていることになり「資金管理団体以外の政治団体事務所を議員会館に置くことはできない」とする国会の申し合わせに違反する可能性がある。蓮舫氏事務所は「誤解を受ける余地があると思うので、今後は改めたい」としている。
 報告書によると、第3総支部はコピー機リース料計約15万5千円を事務所費として計上。ほかに計約24万円を備品・消耗品費として支出した。蓮舫氏事務所によると、コピー機は議員会館に設置されている。

仙谷氏、閣僚の失言続出に「野党の無通告質問が原因」と責任転嫁
 2010.11.19 11:45 【産経ニュース】
 仙谷由人官房長官は19日午前の記者会見で、菅直人内閣の閣僚が国会で問題発言を連発している原因について「(野党側から)細かいところの無通告質問が多く的確に答えるのは難しい。大臣が守備範囲外のところまで聞かれても、森羅万象、すべての資料を用意したり頭に入ったりはしていない」と釈明した。

枝野幹事長 不用意発言で四面楚歌 与野党・支持団体も敵ばかり

 2010.7.3 00:33 【産経ニュース】
 ディベート能力の高さを買われ、民主党の「選挙の顔」に抜擢された枝野幸男幹事長。ところが、得意なはずの討論番組で不用意な発言を連発、野党だけでなく、与党や支持団体までも怒らせてしまった。このままマイペースに発言を続けていけば、非難の集中砲火を浴び、選挙戦の足かせとなりかねない。
 6月28日、みんなの党の渡辺喜美代表は「みんなの党の支持者の引っぱがしじゃないか。悪質な選挙妨害にしか見えない。顔を洗って出直しなさい!」と激高した。枝野氏が前日の民放番組で「公務員制度改革はみんなの党と考え方は基本的に一緒だ」と参院選後の連立に含みを持たせたことが、民主党に不信感を持つ無党派層の取り込みを狙う渡辺氏には迷惑千万だったのだ。枝野氏の「連立組み替え」工作はここであえなく頓挫してしまった。
 同じ番組で枝野氏はもう一つの失言を犯した。「国家公務員の労働組合が支持している大部分は共産党だ。民主党を支持しているのはほとんどない」 これには共産党の市田忠義書記局長が「嘘だ。取り消しなさい」と血相を変え、翌28日付のしんぶん赤旗が「デタラメな共産党攻撃」と猛反撃した。必要のないところにもけんかを売ってしまうのが“枝野流”のようだ。
(小田博士、比護義則)

【世論調査】蓮舫氏が絶大の人気
 2010.6.21 22:43 【産経ニュース】
 産経新聞社とFNNの世論調査によると、「菅内閣で最も期待する閣僚」に事業仕分けを担当する蓮舫行政刷新担当相が、ほかの閣僚を大きく引き離す21.3%も獲得した。菅直人首相は21日の記者会見で「無駄撲滅の手をゆるめない証拠として、事業仕分けに最も強力な閣僚を配置し、蓮舫さんに責任者になってもらった」とわざわざ蓮舫氏の名前を挙げ、参院選を前に同氏への強い期待を示した。

 2位以下は前原誠司国土交通相(11.1%)、仙谷由人官房長官(4.5%) 、岡田克也外相(3.9%)、原口一博総務相(3.4%)の順。首相に一番ふさわしい人物には、民主党の枝野幸男幹事長が前回調査から倍増の3.4%で、民主党議員では菅首相、前原氏、岡田両氏に次ぐ4位に躍り出た。

 ちなみに、蓮舫、仙谷、枝野の3氏は事業仕分けに携わった共通点がある。菅政権の命運は、ここがカギになるか

<同志諸君!志は、「日本を今一度、洗濯いたしたく候」ですな!>
 最新の情報ばかりを追うのではなく、過去からの一連の流れ、「温故知新」「因縁果報」の流れで眺めてみると、今の現象が「作られた情報」であったり、「歪んだ判断」のもとにあったことが理解できる。

 その点で、誰が何と言おうと、現在の民主党政権を無理やりに作ったのは、マスコミ各社だ歪んだ判断(民主党に政権交代をさせるという誤った判断)の基に、国民を情報操作し、ヒーローやヒロインを作り上げ、一方では自民党の悪いところだけを意図的に流し、民主党政権樹立に対して、都合の悪い幸福実現党の情報は黙殺し、国論を誤った方向に導いた結果がこの事態だマスコミ各社は大いに反省すべし!
 では、その中から、まず民主党のヒロインを検証してみたい。それは、なんと言っても「蓮舫行政刷新担当相」だろう。選挙前の6月21日、「菅内閣で最も期待する閣僚」という触れ込みで、参院選2期目の足場を東京都民に与えた。偽りの情報を信じた東京都民は実に170万人の人が彼女に票を与えたのだ。蓮舫行政刷新担当相は、衛星「はやぶさ」のGXロケット開発会社が特別清算となり、事業仕分けで廃止判定された。ところが、その後、小惑星探査機「はやぶさ」が帰還したならば、「偉業は国民全員が誇るべきものだ。世界に向かって大きな発信をした」と高く評価したのだ。そして、「事業仕分け」そのものに対して、 「仕分け結果を何が何でも守るべきだということではない」と語ったのだ。
 何をか言わんやである!「事業仕分け」は何が何でも守るべきだということではないと担当大臣が物申しているのだから、官僚たちは当然、復活折衝してくるのは当たり前ではないか。その事実を知ってか知らずか、仕分け人の亀井亜紀子参院議員が厚生労働省の担当者に、「ゾンビ」と皮肉の言葉を投げかけるのは、担当大臣の言葉をよく聞いているのか?と問いたくなる。仙谷長官のように、「蓮舫大臣の「何が何で守るべきではない」の言葉を耳の穴をよくかっぽじって、刮目してよく聞け」とでも言えばよかったのかもしれない。

 更に、「事業仕分け」を担当大臣としてやりながら、ご自分の選挙経費の仕訳の仕方も知らないのが、行政刷新担当大臣をしてるこの情けなさ。国の諸経費、国民への政策の実行費用をとやかく言う前に、ご自分の誤った経理感覚をどうにかしろ」と言いたい。これは、意図的にやっているのならば、脱税に値するのではないですか?自民党の西田議員に聞いてみたい。こんな破廉恥極まりないグラビア大臣に国政を任せなければならない国民としても情けない。

 そして、菅内閣のぶっちぎりのヒーローはなんと言っても仙谷官房長官だ。今は、ヒーローと言うよりもヒールの方がぴったりではないか?!と思うが、本日の閣僚の失言続出に「野党の無通告質問が原因」と責任転嫁発言などは、言い訳三昧、人のせいにする鬼才かも知れない。仙谷長官の「失言」「暴言」「舌禍」については昨日のブログに書いてあるので割愛するが、結局は、正確に言えば、民主党の閣僚らは、自ら墓穴を掘っているのだ

 例えば、かつて「事業仕分け三兄弟」で名を挙げたのは、前述の謝蓮舫氏、仙谷由人氏、そして、枝野幸男前幹事長らだ。その枝野氏の閣僚時代の発言(上記)を見ても、「みんなの党」や「共産党」に喧嘩を売って、撃沈されている。ここ最近、10月2日でも、中国に対して悪しき隣人発言や11月14日には「政治主導」うかつ発言もあった。
 そして、ここ最近、脚光を浴びている柳田法務大臣然り。組織的二枚舌の前原外務大臣然り、日本の国民を守る、国益を守る政治家としてその資質が問われる政治家として、マスコミは追及しないが岡崎トミ子国家公安委員長、辻元清美議員、赤松前農水大臣らがいる。また、「政治とカネ」問題で失脚した鳩山前首相と議員生命が風前の灯となった小沢一郎氏然り。民主党という政党は、隠しても隠し切れないくらいに破廉恥三昧で、もう枚挙にいとまが無いのだ。

 かつて、その辻元議員が社民党時代に「疑惑の総合商社」と鈴木宗雄元議員を揶揄していたが、民主党という政党は、「国民の利益に反する行為をした疑惑の巣窟・総合デパート」と言っても過言ではあるまい


  「日本をいま一度、洗濯いたしたく候」 今の日本に必要な言葉は、これしかない!
 「物事が全部引っくり返るところがある。もう、そんな先ではない。今年中にその場を作れる可能性が出てきた。そのきっかけは、民主党関係者の逮捕劇と外国からの屈辱みないなものか?」さあ、予言(本年1月6日)の的中となるか?大川隆法著『龍馬降臨』より。今日のお勧めの一書だ。




クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ


関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。