夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中国人船長釈放】中国に弱腰の仙谷官房長官は国賊のA級戦犯だ!

2010.09.24 (Fri)

中国人船長を釈放へ 那覇地検「日中関係を考慮尖閣沖衝突、処分保留」 2010/9/24 14:38【日経新聞】
 沖縄県・尖閣諸島周辺の日本の領海内で、海上保安庁の巡視船に中国漁船が衝突した事件で、那覇地検は24日、公務執行妨害の疑いで逮捕、送検された漁船の船長、セン其雄容疑者(41)を処分保留のまま釈放すると発表した。

 同地検は、「故意に衝突させたのは明白で危険な行為」とする一方、「とっさにとった行為で計画性はない。我が国での前科もない」と説明した。さらに「捜査を継続した場合の我が国国民への影響や今後の日中関係を考慮すると、捜査継続は相当ではないと判断した」とも言及した。

 事件は尖閣諸島付近で7日に発生。海上保安庁が公務執行妨害容疑で漁船船長のセン容疑者を逮捕、送検。石垣簡裁は29日まで10日間の拘置延長を認めていた。逮捕容疑は7日午前10時55分ごろ、巡視船「みずき」が立ち入り検査のため停船を命じながら追跡した際、船のかじを左に大きく切ってみずきの右舷に衝突させるなどし、海上保安官の職務執行を妨害した疑い。

【中国人船長釈放】「われわれも悔しい」 苦情殺到で唇噛む海保職員 2010.9.24 17:02【産経新聞】

 沖縄・尖閣諸島沖の漁船衝突事件で、中国人船長を那覇地検が釈放するとの発表を受け、海上保安庁の政策評価広報室にはマスコミ各社の記者が続々と詰めかけた。

 中川高史室長は「われわれが判断できることではないから…。判断したのは地検ですから」と話しながらも那覇地検の次席検事の会見のニュースを見ながらどこか口惜しげな表情を浮かべた。

 一方、海上保安庁の広報室には市民から苦情の電話が殺到、電話回線がふさがった。「明白な領海侵犯ではないのか」「漁船がわざとぶつかったのに釈放とは…」という問い合わせに、職員が法的な理由を説明していた。

 関東地方の海上保安署に勤務する40代の職員は「われわれは忠実に任務を遂行しただけ。釈放したのは地検なのだから文句はそちらに言ってほしい。われわれだって悔しい」と話していた。別の職員も「那覇地検だけで決められる話ではないだろう。納得できないな」と唇をかみしめていた。


官房長官「検察の総合的判断」 中国人船長釈放 「それはそれで了とする」 2010/9/24 17:02 【日経新聞】

 仙谷由人官房長官は24日午後の記者会見で、沖縄県の尖閣諸島付近での日中の船舶衝突事件で那覇地検が中国漁船の船長を釈放すると発表したことについて「法務省から刑事事件としてそういう判断に到達したと報告を受けたので、それはそれで了としている」と述べた。釈放は「検察の総合的な判断と理解している」と述べ、地検独自の判断だとの認識を強調。「粛々と国内法に基づいて手続きを進めた結果こうなった」と語った。

 仙谷長官は「日中関係に悪化の兆候が見えていたのは事実だ。あらためて戦略的互恵関係を充実させる努力をしないといけない」とも語った。


【所感】この問題は、まず第一に、日本国の領海侵犯という日本国の主権を侵した国家犯罪である。それを地検の木っ端役人が勝手に国家間の関係が悪化するからと犯罪者の拘留を解くなどというのは、官僚としてあるまじき行為で、公僕としての国家への義務である「法律の遵守義務」を犯した行為ではないのか。

第二に、仙谷官房長官の動きが疑惑噴飯ものだ。菅首相がいない間は、官房長官がその首相としての責務を代行する義務がある。ならば、一地検の役人の判断に対して、「待った!」をかけるのが日本国民を守る特別国家公務員たる政治家の国民への責務である。それをせずに、地方丸投げ、責任回避とも取れる「検察の総合的な判断と理解している」とはどういうことか!それは、検察が法律に基づき判断したことだから踏み込まない。検察のせいにすれば政府としては安泰。中国政府へも国内法に基づく検察の判断ということで、その方が申し開きがつく。首相の責任問題にもならないから解散要求も避けられる。民主党としてもマスコミへの都合のいい言い訳ができて逃げ切れるという総合的な判断で自己保身を決め込んだということなのだろう。

第三に、仙谷官房長官のとった態度は、国賊という行為である。かつて、こうした外国(特に中国、韓国そして犯罪者)への配慮から国内への対応や法律を捻じ曲げたことはいくつかあった。古くは福田赳夫元総理の時のダッカ空港事件。「人命は地球よりも重い」発言は特に有名。中曽根大勲位の折の靖国神社参拝の中止。在りもしなかった歴史教科書改竄事件で改竄を認める発言をした宮沢喜一官房長官、これも在りもしない従軍慰安婦問題で河野洋平官房長官の正式に認める発言、等々。挙げれば枚挙に暇がない。今回の事件も、仙谷由人官房長官の名は後世に語り継がれる情けない政治家ベストテンに入る事件として残ることだろう。

クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

みんな怒ってます!
中国があれだけ訳のわからない主張をして、それで『釈放』ってありえないですよね。
幸福実現党にもっと正論を訴えていただきたいです。
私の周りはみんな激怒です!
売国奴は去れ!!
(川柳一句)

やっぱりな 仙谷由人は 売国奴


売国奴は即刻政界から去れ!!

それから、大阪地検の証拠捏造の次は那覇地検の犯罪者の釈放、最近検察もおかしくないですか?
予想通り中国は上から目線だな。
中国が醜態を晒すのを待つだけかと思ったら、日本が醜態を晒すという…
政府はまた信頼を失ったな
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
さてそろそろ空自のF-X決めないと 海自今のままでは全滅するぞ(戦争の場合) イージスでも戦闘機を相手できる数は少ないです

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。