夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【菅首相】千葉法務大臣、嘘つき閣僚はともどもに辞任すべし!

2010.06.15 (Tue)
首相、拉致実行犯の釈放嘆願署名「反省している」
2010.6.14 17:00

 菅直人首相は14日の衆院本会議で、過去に北朝鮮による拉致事件の実行犯、辛光洙(シンガンス)元死刑囚の釈放嘆願書に署名したことについて「対象の中に辛光洙が入っていたことを十二分に確かめずに署名したことは間違いだった。従来から反省している」と述べた。首相が就任後に嘆願書への署名を謝罪したのは初めて。菅原一秀氏(自民)への答弁。 【産経新聞】

http://www.youtube.com/watch?v=ZZ63QjzAiJA&feature=related


 内閣総理大臣とか閣僚となれば、言うこともやることも違うようになるらしい。野党であれば許されたことが、与党となればそうはいかない。それくらい責任政党というのは、国民の側にたった政治、政策、政権運営をいうものをやらなければならないのだ。
 かつて、海兵隊の存在について、前首相鳩山氏は、「米軍海兵隊が沖縄にいる意味がわかった」というようなことをおっしゃっていたが、その程度の情報力や判断力で野党というのはやれるのだ。要するに、責任など取らないから、批判だけしていればいいからだ。
 例えば、自・社・さという鵺のような連立政権を作り、その際に総裁となった村山富市氏も、「自衛隊と憲法九条との関係」や「国旗問題」「国歌の存在」なども、いとも簡単に、今までの言説を翻した。
 そのくらい政権与党は魅力的な存在なのだろう。
 菅直人首相も同様に、首相となったとたんに、初めて拉致被害者のバッチを胸にされ、拉致被害者との面会もされ、代表とも握手をされていた。よくぞまあ、自らの成した行為(拉致被害者釈放嘆願書への著名)に対して臆面もなく、にこやかに面会ができるものだなと思う。
 こういう人種のことをいにしえより、厚顔無恥というのではなかろうか?
 

千葉景子法相 拉致実行犯の釈放嘆願署名「うかつだったのかな」
2009.9.30 17:40

 ――拉致実行犯の辛光洙(シンガンス)・元死刑囚の釈放嘆願書に署名していたが

 「拉致問題は国際的にも、私が人権を大事にすることからも、
許すことのできない問題だ。どういう状況の中で署名したか、経緯は調べている段階だ。本当に、まあ、『うかつだったのかな』という気持ちはある。誤解を招くような結果になったのは、大変申し訳ないという気持ちではある。必要であれば、鳩山由紀夫首相からもいろいろなご指導いただく問題だと思っている」 【産経新聞】

http://www.youtube.com/watch?v=FxDyWyzHlZk

 千葉景子氏は、ご自分の言っていることとやっていることのズレが認識できていないようだ。他国のそれも日本人を拉致した犯罪者の人権を擁護して、日本人の人権、人命に関わるようなことは意に介さないらしい。
 こういう人のことを売国奴というのではないか?

 千葉氏の「誤解を招くような結果になった」という言葉は、実に無責任だ。自分のやった行為は正しいのに人の判断が間違っているのだとでも言いたげな物言いだ。そこに「自己責任」という言葉はない。責任逃れであり、自己正当化であり、詭弁だ。

 おっと、ここの代表も一緒だった♪
 ニゲ菅、ダマ菅、ズル菅・・・。日本にはイラン菅。


クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ


関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。