夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【政治】日韓外相会談は、日本側の敗北、韓国の勝利で終幕。今後に向けた対応を急げ!

2015.12.31 (Thu)
岸田文雄外相は28日午前、午後にソウルで開く慰安婦問題の妥結に向けた日韓外相会談について、「大変重要な会談になると考えており、全力で取り組みたい」と、訪韓前に羽田空港で記者団に語り、「慰安婦問題は大変難しい問題だが、ぎりぎりの調整を行いたい」と強調し、(産経ニュース2015.12.28 09:32より)協議の進行次第では「会談中止」も辞さない構えで臨んだ。

日韓外相会談直前20151228
日韓外相会談直前の岸田外相と韓国の尹炳世外相

それが、朴槿恵現政権下では「慰安婦問題に対して自制する」という確認をしただけで、日本政府、安倍晋三首相が元慰安婦にお詫びと反省を表明することや、元慰安婦支援に約10億円を拠出することを約束させ、合意のほとんどが「努力目標」という有様で、共同発表をするにはしたが文書化はしておらず、これでは拘束力は全く無いという有様だ。結局は、日本側からの「持ち出し」の方が多くなるだけで何もメリットもなく、韓国側に有利な外交的勝利であり、安倍首相がこの内容を受けて「日韓が新時代に入る」と発言するほどの内容でもなく、単に岸田外相の交渉下手を露呈しただけの会談となったとしか言い様がないのではあるまいか。事実、自民党内からも「日本側がわざわざ韓国に赴き、妥協して合意する必要はなかった」と批判する声も上がって来ている。

日韓外相会20151227
外相会談後、朴槿恵大統領と握手をする岸田外相

これに対して、外務省筋では、共同記者発表という形をとったことで「国際社会全体が目撃者になった」と脳天気な捉え方をしている。確かに、海外メディアでは「歴史的」(米紙、英BBC)だとか「画期的な合意」(豪ABC)という声もあるが、「ぎくしゃくした日韓関係の改善を望む米国の圧力が背景にある」と冷静に見ている筋(英紙)もある。事実、日本側が求めた共同文書化は実現できなかったため、現政権同士の「口約束」という側面は否定できず、韓国の次期政権が合意を守る担保となるになるものが何もない。それを裏付けるかのように日韓合意がなされた後の反応が、元慰安婦の多くや支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」(挺対協)は、合意に反発、今や聖域化した韓国内の世論を説得することは容易でない。さらに、日本側が撤去を求めた在韓日本大使館前の少女像も韓国政府の努力待ちなのだ。本当に、岸田外相は何のために行ったのか全く解らない。

韓国慰安婦像
韓国の慰安婦像

この交渉結果を見て、日本国内の共産党や社民党までが拍手喝采している。どういう意味なのか?交渉前の岸田外相の会談中止も辞さない覚悟を見せた「ハリキリ」発言は何処へやら。韓国政府に「朝貢」したかっただけの外交交渉ならば、「日本側の敗北、韓国側の勝利」での終幕であり、岸田外相本人の「ハラキリ」で終わらせるべき結末だろう。年の瀬の忙しい時期に、とんだドタバタ劇場だったと言えよう。

今回の日韓外相会談の最後に、岸田外相と朴槿惠大統領とが握手をしていたが、朴槿恵大統領がやりたかったことは、簡単に言えば従軍慰安婦という言葉を使った「美人局」もしくは「金目当て」、もしくは来年5月開催の伊勢志摩サミットへのポイント稼ぎだったのかとも見られても仕方があるまい。

事実、大川隆法著『朴槿惠韓国大統領、なぜ、私は「反日」なのか』にもこうある。
朴槿惠大統領守護霊:だから、従軍慰安婦なんかどうでもいいんだけど・・・。(中略)まぁ、交換材料だよ。あれ(従軍慰安婦の像)を引っ込めてやるからって、それで嫌がらせしてるんだから、今、一生懸命。(中略)だから、「撤去してやるから、三兆円よこせ」っていうこと。

これが本音(守護霊の言葉であり、潜在意識下の思い)ならば、年末のドタバタ劇や従軍慰安婦という言葉も単なるビジネス・トークであり、新幹線の技術供与くらいにしか過ぎないと考えて外交交渉のテーブルにつくべきだったろう。そうであるならば、「国交断絶」くらいのブラフや力強い言葉が必要だったろう。それほどの決意もないのにポーズばかりでマスコミ受けを狙った、余りにも軟弱な政治家を交渉に出したことが、将来への禍根を残したというべきではないだろうか。

日本政府は、このことを深く反省し、戦略を立て直し、タフで交渉力ある政治家の養成と輩出を強く臨みたい。















 感想やお気づきのこと、ご意見等、ございましたらコメントをお願いします。できれば、下のクリックもお願いしま~す。
クリックお願いします




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都府情報へ




関連記事
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。