夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自虐史観、ここに極まれり!「従軍慰安婦」を広げたのは日本人弁護士!!

2014.07.27 (Sun)
「従軍慰安婦=性奴隷」説を世界中に広めたのは日本人弁護士Newポストセブン2012.08.25 より

 国際的には全く知られてなかった慰安婦問題を、広く知られるようになったのは20年前の「河野談話」からだ。文献的にも、当時、日本軍が慰安婦を強制連行したという「仮説」はその後の調査研究によって、事実ではないと結論が出ている。
戦争と慰安婦の実態をよく調べた第一人者が秦侑彦氏だ。その書『慰安婦と戦場の性』では、吉田清治の詐話や「河野談話」の禍についても言及されているし、国連人権委員会を舞台にした日韓の攻防戦も詳しい。実に、「事実は小説よりも奇なり」という言葉が適切かもしれない。

iannfu to senjo no sei
     『慰安婦と戦場の性』

そして、あとがきには、こう記している。
「こうした経緯は、やはり流行の南京事件や禁煙権論争に似ている。事実関係の確認よりも、政治的都合が先行して、一種の魔女狩りと化してしまうと、冷静な討議や比較論は誰も受け付けなくなってしまいがちだ。」と。

しかし、残念なことに、政府及び官僚、マスコミの勉強不足から慰安婦問題について、韓国側の主張を鵜呑みにしている日本人も少なくない。

 2006年に安倍晋三内閣が発足するや、米議会の下院議員マイク・ホンダ氏(☜クリック)によって「慰安婦は性奴隷であり日本政府は公式謝罪と補償をせよ」という決議を通そうとした。この背景には、中国系アメリカ人ノーマン・スーから献金を受けてマイク・ホンダ氏は活動しており、そのスポークスマンとして日本叩きの材料として「従軍慰安婦」を使っていたのだ。

安倍首相が国会で国内での論争の成果に立って、権力による慰安婦連行は証明されていないと答弁したことに対して、米国メディアが激しく非難し、日米関係がおかしくなりかかるということが起きた。その背景には反日日本人らが慰安婦性奴隷説を国連に持ち込み、国際的に嘘を拡散させていたということがあった。

その張本人こそが戸塚悦朗弁護士であり、「慰安婦=性奴隷」という国際謀略の発案者だった。戸塚は自分のその発案について次のように自慢げに書いている(『戦争と性』第25号2006年5月)。
戦争と性25号
      『戦争と性』25号

どんな内容なのかタイトルだけだが紹介してみると、以下のような内容だ。
 [特集]「慰安婦」問題の現在──被害女性が亡くなりつつある今、わたしたちに何ができるのか
 [支援者座談会]闘うことで尊厳を回復した被害者たち  梁 澄子・坪川宏子・小林千春・金子美晴/
 「慰安婦」裁判が獲得したもの 大森典子/被害女性との出会い 川田文子/
 「慰安婦」解決促進法案 岡崎トミ子/
 日本軍「慰安婦」問題の研究成果 吉見義明/
 国際社会と日本の対応 戸塚悦朗/渡辺美奈/新谷ちか子/熊谷伸一郎
 [連載、他]アラート・ベイへの旅 朴 和美/青い鳥を探して──
 ドイツで看護師になった私 平佐健子/荒井俊子/井上森/加藤克子/彦坂諦/崔 博憲、他。

サヨクの人が見たら飛んで喜ぶような人選ではないか!
この中で、戸塚氏はそれまで「従軍慰安婦」問題に関する国際法上の検討がなされていなかったことをいいことに、自己顕示の手段として使い、「従軍慰安婦」を日本帝国軍の「性奴隷」(sex slave)と規定したのだ。

 この規定が国際社会において日本を「性奴隷の国」として貶めるスタートとなったことは言うまでも亡い。日本人として、加害者として自らが国連まで行って、事実に反する自虐テロを続けるのだから、多くの国の外交官や執務官に、その嘘を見破れるだけの情報力がなければ、その謀略にいとも簡単に巻き込まれるのは時間の問題だったろう。

 戸塚氏の国連ロビー活動は、1992年から1995年の4年間で海外渡航18回、うち訪欧14回、訪米2回、訪朝1回、訪中1回と執拗に繰り返された。この執拗とも思える自虐テロ活動の結果、1996年に彼の性奴隷説が国連公式文書に採用されたのだ。

SAPIO 2012年8月号
     詳細は、サピオ2012年8/29号に。

我々日本人は、どこかお人好しのところがあり、よく知らないことに対して、「過去、こんなことをされた!」と言われると、思わず、「そうだったの?」と簡単に同情してしまいがちだ。
しかし、お隣の韓国と中国にはそういうお人好しはいない。
徹底的に事実を検証して、事実でなくとも自分たちの利益に繋がるとみれば、いとも簡単に言説を変えてしまう。その最たる手段が「賄賂」であり、「お金」だ。
中国を旅行してみると実にそれが顕著に分かる。
ついさっきまで「通行不可」と言っていた役人を裏に呼んで、袖の下をつかませるといとも簡単に通行できることが多い。
それも笑顔で見送ってくれるのだ。
朴槿惠大統領と桝添東京都知事があったそうだが、結局は、「金目」だろうと推察する。

paku kune
 これでカツアゲ反日家の朴槿惠大統領の実態が分かる!

事実、大川隆法著『朴槿惠韓国大統領、なぜ、私は「反日」なのか』にもこうある。
朴槿惠大統領守護霊:だから、従軍慰安婦なんかどうでもいいんだけど・・・。(中略)まぁ、交換材料だよ。あれ(従軍慰安婦の像)を引っ込めてやるからって、それで嫌がらせしてるんだから、今、一生懸命。(中略)だから、「撤去してやるから、三兆円よこせ」っていうこと。

これが本音(潜在意識であり、守護霊の言葉)ならば、本当に情けない大統領だ。



SAPIO (サピオ) 2012年 8/29号 [雑誌]

中古価格
¥189から
(2014/7/27 17:03時点)



  従軍慰安婦の実態はこれだ!   

守護霊インタビュー 朴槿惠韓国大統領 なぜ、私は「反日」なのか (OR books)

新品価格
¥1,620から
(2014/7/27 19:51時点)



 朴槿惠大統領の本音がズバリ分かる!

慰安婦と戦場の性 (新潮選書)

新品価格
¥1,836から
(2014/7/27 19:58時点)



  国連人権委員会に読ませたい!これこそが文献というものだ!


感想やお気づきのこと、ご意見等、ございましたらコメントをお願いします。できれば、下のクリックもお願いしま~す。
クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都府情報へ

関連記事
スポンサーサイト
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。