夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【尖閣集中審議】菅首相、お詫びなど要らないから領海・領空侵犯法を作り、国民を守れ!

2010.09.30 (Thu)
月刊『ザ・リバティ』11月号に「日本再占領!?今度は中国だ」という特集が面白い。

リバティ11月号

「201X年のある日、神奈川県厚木飛行場に、中国の政府専用機が着陸した。機内から姿を現したのは中国国家主席。(上記記載のイラスト)それは関の敗戦以来約70年ぶりに日本が「再占領」されたことを象徴する光景だった・・・。
 リーマンショック以降、国防費を年々削減した日本は、在日米機軍基地もグアム、アメリカ本土に移動させ、国内には単なる訓練場となった。それを尻目に、中国の「軍事交流」の提案。日本のマスコミは「日中友好の証」として絶賛。アメリカが極東から引き始めると、尖閣諸島や沖縄周辺海域では、中国漁船の違法操業、島嶼部への漁民の不法上陸、中国監視船の日本漁船の拿捕事件の多発。
 前後して、アメリカの財政不安から、中国による米国債の継続購入を条件に「米軍の東アジアからの撤退」を提案。この米中密約を知らされないままに、日中首脳会談が開催され、中国国家主席が厚木飛行場に降り立ったのだ。それはまさに「日本再占領」であった・・・。」


いやはや、このような事態を招かないとも限らない状況になってきた。極東の有事に対して、前原外務大臣が米国クリントン国務長官らと対談し、尖閣諸島も日米安保の中に入ることを確認している最中に、仙谷官房長と柳田法務大臣、検察官僚などの共同謀議によって、日本国内で「無かった事にしよう」とばかりに、容疑者の中国船船長を本国に解放した。この点に対して、産経新聞の記事が面白い。

【産経新聞】河添恵子 ナメられた“鈍カン”内閣 2010.9.30 07:33
“鈍カン”内閣はナメられている。尖閣諸島付近の日本領海内での衝突事件。普天間飛行場移設問題の迷走で日米関係はギクシャク、民主党の代表選で政治はスカスカ。この機に、中国は“偶発のような挑発”を仕掛け、「ウソも百回言えば本当になる」の歴史塗り替え方式で「釣魚島(尖閣諸島)は中国固有の領土」との喧伝(けんでん)を試みた。《中略》それにしても日本は能天気すぎる。国の重大事-領域を守る基本的枠組みが生ヌルい。領海侵犯の取り締まりには通常、漁業法や入管難民法を使って対処するという。左翼勢力に自衛隊の権限拡大が阻まれ、日米安保体制による抑止力頼みだったとはいえ、軍備拡張をしながら急速にプレゼンスを高めてきた中国を横目に先手=法整備すらしてこなかった。この無策を引き金に日本の領土が蚕食(さんしょく)され、中国系住民が大量増加→環境劣化という最悪コースへ進まないことを切に願う。(ノンフィクション作家)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100930/plc1009300735004-n1.htm

民主党も亡国の徒なら、自民党も同じ穴の狢だったことが判明したのが以下の記事だ。
【尖閣集中審議】首相「谷垣総裁も早期解放をといっている」と正当化 2010.9.30 10:22

衆院予算委員会で自民党の小野寺五典氏の質問に答える菅直人首相(左)=30日午前、国会・衆院第一委員室(酒巻俊介撮影) 菅直人首相は30日午前の衆院予算委員会で、中国漁船衝突事件での中国人船長の釈放に関し、「自民党の谷垣禎一総裁も『早く解放した方がいい』ということを言われている」と語り、那覇地検による判断を正当化した。小野寺五典氏(自民)への答弁。谷垣氏は一時、「ただちに国外退去させた方がよかった」(25日の京都市内での講演)と語っていた。

次の記事は、首相の追認行為であり、検察の判断を了(了解?、終了?)とした内容。領海侵犯の様な国家犯罪の事件を一地方検察に任せてしまうことが果たして正しい判断なのか?官僚は国事行為や国家犯罪に対して勝手な判断など出来るわけがない。「首相が追認したということは、責任は首相にあると判断していいでね」更に、「ビデオも見てないのに適切となぜ判断できるのか」とマスコミ人に食いついて欲しいところだ。

【尖閣集中審議】首相「検察が適切判断」と強調>「ビデオ見ていない」2010.9.30 09:59

 菅直人首相は30日午前の衆院予算委員会で、中国漁船衝突事件で船長を釈放した那覇地検の判断について「検察が法律に基づいて判断したことは適切だった」と述べた。首相はその上で、検察が独自で釈放を決めたと強調し、政治介入を否定。事件の模様を撮影したビデオ映像に関しては「見ていない」とした。
「大変問題があった」のなら、損害賠償請求を中国に請求すべきだ!国会議員は国民の代表なのだから、国民の財産である海保の船を故意に毀損されて、黙っているなら「職務怠慢」ではないか!マスコミ諸氏は、首相や民主党議員に対して「適切な仕事をしないなら、国会議員のバッチを外せ!」と言うべきだ。

【尖閣集中審議】首相「中国に大変問題があった」2010.9.30 09:49
 
 菅直人首相は30日午前の衆院予算委員会で、中国漁船衝突事件に対する中国側の対応について「わが国の国内法に基づく粛々たる手続きを認めない姿勢があり、大変問題があった」と述べた。
【尖閣集中審議】首相が国民に「心配かけ、おわびしたい」と謝罪2010.9.30 09:20

衆院予算委員会で民主党の長島昭久氏の質問に答える菅直人首相=30日午前、国会・衆院第一委員室(酒巻俊介撮影) 衆院予算委員会は30日午前、沖縄県・尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件に関し、菅直人首相と全閣僚が出席して集中審議を行った。菅首相は民主党の長島昭久氏への答弁で「今回の事案について、国民の皆さんにいろいろと心配をかけ、ご意見をいただいたことに対し、おわびを申し上げたい」と述べた。
【所感】今更、時期外れなお詫びなんか要らない。菅首相が国会議員バッチを外してくれたらそれでいい。国政の政治家の責任とはそういうものだ。そうでなければ、このままなら、冒頭に記したとおりの201X年Xデーが来てしまうではないか。
この中で国際政治アナリストの伊藤貫氏は言う。「日本に残された時間は10年。運が良くても20年。それでもう日本はおしまいです。」と。更に、米CIAなどの情報機関を統合し、米国国家情報会議で予測された2025年の世界情勢予測「グローバル・トレンド2025」というレポートがあることが紹介されている。概略ではこうだ。日本については4つのシナリオがあり、1番目と2番目は日米同盟維持で日本が中国に併合されないケース。三番目は、米国の「核の傘」が偽物と判明し、中国に対して米国は何も出来ない。その結果、日本は中国に併合されるケース。四番目は、米国と中国が日本の頭越しに話し合い、東アジアから撤退し、日本は中国の配下に下るケース。この点に関して、伊藤氏は、米国に財施危機が生じた場合、第四のシナリオが現実化するだろうと予見する。

では、どうしたらこの最悪の事態を避けられるのか?伊藤氏は言う。「日米両政府の役人たちを相手にしても時間の無駄。優秀な日本の首相が米国大統領と直接交渉し説得する方法しかないです。日本が自主防衛することが中国の勢力圏拡張をカウンターバランスすることになります。これは米国の国益にもかなうことです。」と。
今の日本に必要なのは、優秀な頭脳とガッツのあるリーダーであり、トップだ。これは政治家も企業家も同じだ。
石原慎太郎東京都知事も言う。都議一般質問で政府の外交姿勢に対して「政府の対処には全く失望した。菅総理はしゃんとしていると思ったが、この問題には何であんなにオドオドするのか。このままではわが国は圧力にすぐに屈すると世界から疑われる」。中国人船長の釈放にも「三権分立の原則を無視し、地方の検事に押しつけて逃げ回る責任転嫁。政府の行為は売国につながりかねない」などと答弁している。

こうした民主党による危機を、国難を見抜き、国防の重要性を昨年の総選挙で訴えていたのは幸福実現党だけだった。これからの政治には、先見力があり、経済政策に富み、国民を守る気概と勇気のある行動力のある政治家が求められる。それはやはり、幸福実現党しかないだろう




クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ


関連記事
スポンサーサイト
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。