夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社民離脱、鳩山首相の退陣近い!

2010.05.31 (Mon)
社民離脱「首相の結果責任ある」官房長官
2010.5.31 13:30 【産経新聞】

 平野博文官房長官は31日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場移設問題をめぐる社民党の連立離脱への鳩山由紀夫首相の責任について、「当然、責任者だから、結果責任はあると思う」と述べた。

 平野氏は「担当の立場で言えば、私自身にも責任がある」と述べ、自身の責任にも言及した。ただ、「私の進退は常に総理に預けている。政策遂行が私の使命だ」として辞任については否定した。

 社民党の連立離脱が今後の政権運営に与える影響については、「当然あると思う」との認識を示したが、「今日まで3党合意で詰めてきた政策があり、これはしっかりと共闘して進めていきたい」と語り、同党の協力に期待を示した。

鳩山首相 小沢氏と進退協議へ 参院で退陣論強まる 

5月31日23時1分配信 毎日新聞

 民主党内で31日、米軍普天間飛行場移設問題での迷走や社民党の連立離脱を踏まえ、鳩山由紀夫首相の早期退陣を求める声が強まった。民主党の小沢一郎幹事長と輿石東参院議員会長は同日夕、国会内で急きょ首相と会談し、事態打開に向け協議した。

 首相、小沢氏、輿石氏による3者会談は、約8分間にとどまった。首相は会談後、首相官邸で記者団に対し「厳しい局面だが、国家国民のために、3人で力を合わせて頑張ろうと打ち合わせた」と述べ、続投に重ねて意欲を表明した。記者団が「首相続投を確認したのか」と質問したのに対し、「当然であります」と答え、早期退陣を求める民主党内の動きにクギを刺した。

 首相は「私自身のことで迷惑をかけていることは理解しているが、国民のために働かせていただきたい。初心に戻る思いで頑張るしかない」と強調した。一方、9月の民主党代表選への出馬については「そこまで考えている余裕はない」と語るにとどめた。

 退陣論の火消しを急ぐ首相に対し、民主党は31日の役員会で今後の対応を小沢、輿石両氏に一任することを申し合わせた。小沢氏は役員会で「首相から呼ばれて話し合おうということだったが、今日は時間がないので、一両日中にきちんとした話をする」と指摘。首相の認識と異なり、続投を容認したわけではないとの見方を示した。

 一方、社民党は野党側が提出予定の内閣不信任決議案や首相問責決議案の対応について、改めて協議する。同党の又市征治副党首は31日夜、「民主党との選挙協力の前提は鳩山退陣しか道はない」と語った。首相続投なら民主党は大敗するとの見通しを示したうえで、「小沢氏が何も策を打たないということはないだろう」と首相の早期辞任に期待感を示した。【坂口裕彦、念佛明奈】


 
 この国の政治は混迷を来している。ついに、空約束で連立を組んだ社民党を、スタンドプレーばかりして、言うことを聞かないからと福島氏を罷免し、連立離脱に追い込んだ。この鳩山・小沢インチキ内閣によって国民はいい迷惑を被っているのだ。「あれもやります」「これもやります」と空手形ばかりを発行しておいて、いざ、という時には、右往左往し、挙げ句の果ては、元の木阿弥か強行採決か小沢採決しか能がない。本当に、「議会制民主主義とはほど遠い言論封殺の独裁型全体主義国家となろうとしている。自分の判断では何も出来ない意志薄弱・能力不足の鳩山首相は、国民に迷惑を掛けているという認識がありながら、そのまま続投させて頂きたいとはなんと虫のいい話だろうか?さすがは、お坊ちゃま総理。自分のことしかお考えではないのだ。ついに、鳩山内閣への支持率は、10%台となり、
支持者が居なくなっている現在、鳩山首相がやるべきことは一つ。国会を解散させ、国民に信を問うべきである。これこそが「憲政の常道」ではないのか?

 かつては、自民党政権の時に、森内閣や福田内閣、麻生内閣と総選挙を経ないで総理大臣を担ぎ出したことを、野党時代にかなり批判していた御仁達のはずが、同じようなことをしようとしている。国民の支持がないのに「暗躍会議」をして、「首相続投」を決めたとしたならば、これはもう民主政治の終焉を意味する事態だ。結局は、自民党を非難しながら、自分たちも全く同じようなことしかできない政権交代とは名ばかりの、政権横滑り政治でしかなく、やり方は、自民党とそう変わらない。かつて、政治評論家の屋山太郎氏がかつて正論で寄稿されていた通り、「今回は官僚政治から政治主導へ、次回に来る政権こそが本格的な政権交代となるだろう」と。これを早く導き出したいものだ。


 そうなるためには、参議院選挙で民主党の惨敗は必須条件だ。その上で、ねじれ国会を作り、法案を全て否決できる体制を築くことだ。そうして、国会運営を停止させ、鳩山首相退陣、小沢幹事長の証人喚問から議員辞職へと追い込む体制を作る。そうなれば、鳩山氏、もしくは時期首相が小沢幹事長を守るため、国会を解散させ、総選挙へと突入させることだろう。そして、民主党を自民党が被った立場まで追い込む。元あった100議席そこそこにまで落とし込むことだ。これを今年度中にできれば、今の日本の混迷を打開できる。その際に、小党の乱立であったのではダメで、新生・自民党かそれに代わる保守の精神のある骨太政党が第一党となって、政権運営をすべきであると考える。


クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ


関連記事
スポンサーサイト
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。