夢を形に!植松みつお

政治、経済、教育、医療、メディア、等々の中から、話題を取り上げ、問題提議して参ります。あたなと共に「幸福の実現」を目指して参ります。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢をかたちに

2010.01.30 (Sat)

 幸福実現党の政策のひとつに「フリーウェイ」がある。この政策は、1998年度調べ(雑誌月刊「ザ・リバティ」)での試算では、実に380兆円の市場規模がある夢のある政策である。流通コストの削減、移動時間の削減、国内観光利用客の増大、サービスエリアやパーキングエリアなどのサービス向上による地域産業の雇用促進、などが見込める。その上でインターチェンジの増設による利用者拡大と混雑緩和、などの施策を打ってから、更なる高速道路の増設によって利用客増大を図り、サービスエリアやパーキングエリアの拡大施策によって需要と雇用を創造し、高速道路のメンテナンスをそれぞれのエリアごとに賄えるようにする。そうすることで相当の地域振興と内需拡大の特効薬となること請け合いだ。

 この政策を民主党がマニフェストの中に入れていたが、実際には実行不可能となり、政策実行という割には口先ばかりの政策となっている。増してや、前自民党の週末での高速利用が1000円(乗用車ベース)すら危ぶまれるほどになってきている。その理由は簡単だ。全くの受け売りの政策だったからである。地頭(じあたま)で考えた政策にしないと、今のような政策実行不能ばかりを露呈していると、党として信用を大きく落としてしまう結果となる。よくよく政策はしっかりと吟味し、国民の利益につながる政策を打たないと、安請け合いは自らも傷つけてしまう両刃の剣となってしまう。私もこの件では、他山の石とし、肝に銘じたい。

 しかし、月刊「ザ・リバティ」恐るべし!である。使う側、使い途、使い時を誤ると大怪我をする。民主党の方も少しは懲りたかな?




クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ

関連記事
スポンサーサイト
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。